看護師が覚えておきたい現場で使えるエンパワメントの基本

エンパワメントってあまり聞いたことがないのでどういった意味なのか知らない方もいらっしゃるかと思います。エンパワメントとは、その人が本来持っている力を十分に発揮できるようにすることをいいます。ですので、看護の場合ですと、患者さん自身が持っている力を発揮させるように看護することです。では看護師が実際に現場で使えるエンパワメントはどのようなものなのかについてお話ししていこうと思います。

【看護師転職】看護師が登録すべき転職エージェントと年収条件アップ成功までの使い倒し術、徹底まとめ

エンパワメントの基本は患者さんへの動機づけ

エンパワメントをするにあたって、一番基本となるのは何だと思いますか?看護師が患者さんをケアや処置する事ではなく患者さんへの動機づけです。なぜ、動機づけが一番基本となるのかを例にあげてご説明していきます。

禁煙外来に来た患者さん。「毎日20本を40年間吸ってきたけど、そろそろ禁煙しようかと思ってきました。だけど、禁煙できる気がしないんですよね」と言っていたAさん。禁煙する気持ちは少しありますが、まだまだ禁煙するぞ!と意気込んでいる感じはありませんよね。この患者さんに「やるぞ」と思わせる気持ちがエンパワメントの基本となります。

この「やるぞ」と思わせるのに重要なのは看護師のコミュニケーション能力です。ただ単に「禁煙頑張りましょう」と言われても、吸いたい気持ちが勝ってしまい禁煙する事はできません。ですので、なぜ禁煙したいと思うようになったのかを紙面で宣言書として記載してもらいます。

そして、「禁煙したら節約する事ができるのでかいものに行ったり、美味しい食事を食べる事ができますよ」と提案したり、タバコを吸いたくなる気持ちより習慣を変える事が重要である事、そのためには、習慣を変える必要がある事を提案します。例えば、朝起きたらまずタバコを吸っていた方は、お水を一杯飲んでみたり、朝食を食べるようにしてみるなど、違う行動をとるように指導します。

そして、少しでも本姿減れば「すごいですね!順調ですね!」と励まします。そうすることで、患者さんが禁煙することへの動機づけをすることができます。

患者さんと看護師との信頼関係が重要

では、患者さんへのエンパワメントをするにあたって、重要なのは何でしょうか?それは、信頼関係です。信頼関係が築けていない人にいくら言われても何とも思いませんよね。むしろ、「この人は何を言っているんだろう」と不快に思ってしまう人もいると思います。ですので、まずは、患者さんとの信頼関係を築いて下さい。

精神的なサポートが大切です

この精神的なサポートはとても大切なことです。患者さん自身んエンパワメントを発揮することは安易なことではありません。肉体的・精神的にとても負担がかかることです。ですがあ、途中で諦めてしまっては今までの努力は水の泡となってしまうこともあります。ですので、患者さん自身がエンパワメントを発揮するために、看護師は精神的なサポートをすることがとても大切です。

それは、フォローしたり提案したり、励ましたりといろいろな側面からサポートをしなければいけません。ですので、患者さん自身をしっかり観察した上で看護を行ってください。

ケアの全てを看護師が行うのではなく、患者さんができる所までまつ

エンパワメントを発揮するのは、コミュニケーションだけが大切なことではありません。患者さん自身が自分でできる所まで頑張ることが大切です。例えば、回復期リハビリテーション病棟でのことです。回復期リハビリテーション病棟では、在宅復帰を目指す患者さんがほとんどです。

ですが、在宅復帰するには患者さん個々の条件をクリアーしなければ変えることはとても難しいことです。Bさんの場合です。Bさんは、自宅復帰の条件は自分で排泄をすることができるという事です。入院当初は、起き上がりしか自分でする事はできませんでした。一般病棟の場合、患者さんができる所まで待つといった事はせず、看護師のペースでケアをする事がほとんどです。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

回復期リハビリテーション病棟の場合ですと、患者さんができる所までやってもらい、出来ないところを看護師が手伝います。これを毎日続ける事で、Bさんは退院時には自分1人でトイレに行けるようになりました。このように、エンパワメントを発揮させるには患者さんペースに合わせて看護を行う事がとても重要なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加