明日は我が身!看護師の異動の背景とやっておきたい5つの準備

看護師の仕事も企業に勤務するサラリーマンと同じで規模の大きな職場に就職すると異動となることもあります。この異動を断ることは基本的にはできないため、いつどのタイミングで異動となっても良いように準備しておかなければいけません。では、どのような準備をしておけば良いのか?と思う方もいらっしゃるかと思うので説明していきたいと思います。

異動ってなぜあるのか?と思う方もいらっしゃるかもしれません。異動させるには幾つかの理由があります。1つは、他の部署や病棟での人員不足のためです。新入社員を募集していてもなかなか応募がなく、他の部署で必要となった場合は異動となります。この他には、昇給し主任、もしくは師長となる場合やスキルアップをさせるために、他部署に異動し勉強させるためです。

【看護師転職】看護師が登録すべき転職エージェントと年収条件アップ成功までの使い倒し術、徹底まとめ

まずは心構えが必要

いつ、どのタイミングで異動と言われるかは解りません。もちろん、自分で異動希望を出していればタイミングはだいたい解ると思います。新人看護師はあまり異動はありません。ですが、中堅となってくると、異動になる可能性はとても高くなります。

異動させるか、させないかは自分の意思というより上司が決めるので指示に従わなければいけません。ですが、全く検討もしていないと異動することへの不安が募ってしまいます。ですので、自分自身の心の中で異動するかもしれないと思っておく方がいいです。

異動が決まったら、異動先の診療科の勉強をしましょう

異動が決まったらやっておきたいことの一つが、異動先の診療科の勉強です。いくら経験があるとはいえ、診療科が違えば行うケアや処置の方法も変わってきます。特に経験したことのない分野は念入りに勉強しておいてください。

キャリアがあるのに何も解らないと思われるのも嫌ですよね。またある程度勉強しておくことで経験したことのない診療科でも慣れてくる速さが違ってきます。

異動が決まったら、異動先の情報を収集しましょう

異動を経験したことのない方は、異動ということへの不安がとても大きいと思います。それもそのはずですが、病院の場合ですが病棟が違えば業務内容が違うだけではなく物品の管理している場所や方法、規則など細かなことが違ってきますし、人間関係も違います。ですので、異動するというのは転職するのと同じくらいの気持ちになってしまう訳です。

唯一違うことは、知っているもしくは顔見知りのスタッフがいるということです。そのため、異動先の環境を先に情報収集しておくことをお勧めします。例えば、師長さんの性格や職場環境、注意しておかなければいけない事や、患者の年齢や病層です。これらを知っておくだけで、異動後も職場に馴染みやすくなります。

ストレスはできるだけ解消しましょう

異動と聞けば誰もが不安に陥りストレスになってしまう方もいらっしゃると思います。ですが、その不安を抱え込む事は身体によくありませんよね。ですので、できる限りストレス溜め込まない事をお勧めします。例えば、自分の好きな事をしてストレスを発散したり、何に対して不安であるかを上司に相談してください。内容によっては、上司が情報を教えてくれます。

一番に、思う事は異動をマイナスイメージで考えるのではなくプラスイメージを持つ事です。異動させてもらえるという事は、自分には実力があり他の部署で頑張って欲しいと上司が送り出してくれたのだと思ってください。また、異動する事でいろいろな知識を増やす事ができます。それは、知識だけではなく技術も身につける事ができますので看護師として実力をつける事ができるのです。

希望や条件がある場合は、異動前に伝えて

仕事をするにあたって、職場に条件を求める方も多いかと思います。例えば、子育て中のママ看護師の場合ですが、子供の送迎があるので定時に帰りたいとか、週末は休みにして欲しいいとか、夜勤の回数は月何回が良いとか、人によって様々な条件がありますよね。これは、異動前にきちんと伝えておかなければ、勝手にシフトを組まれてしまう可能性もあります。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

ですので、希望がある場合は異動前に伝える事をお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加