【看護師転職内定承諾編】内定承諾書の書き方〜看護師転職の流れ〜

【看護師転職内定承諾編】内定承諾書の書き方〜看護師転職の流れ〜

内定承諾は電話連絡だけでいいと思っている方もいらっしゃるかと思いますが、実は内定承諾をするには、内定承諾書を記載しなければいけません。内定承諾を記載し、転職先に提出して受理されることで正式に内定を承諾したことになるのです。では、内定承諾書の書き方についてお話ししてこうと思います。

http://nurse-arbeit.com/manual/informal-decision/

内定承諾書は必ず書かなければいけないの?

病院によっては、このような内定通知書や内定承諾書を交わさず、電話の承認のみで済ます場合や、『雇用条件契約書』という別の書類の記入を求められることもあります。

引用:http://kango.919.co.jp/knowhow/decision/03.php
ですので、必ず内定承諾書hがあるとは限りませんがサインを求められたら記載してください。

内定承諾書はどのような内容?

内定承諾書の内容は職場によって異なりますので、今回は例を挙げて説明していこうと思います。内定承諾書とは、このような内容になっております。この書面に捺印すると勝手な理由で辞退することはできません。ですので、本当にこの職場で働くのかを考えた上でサインしてください。

http://kango.919.co.jp/knowhow/decision/03.php

内定承諾書の注意点

内定承諾書を書く際の注意点は特にありませんが、内定承諾書の注意点とするならば受けとったらすぐにサインし、送り返すことです。内定承諾書は大切な書類ですので、後回しにせずにすぐに返答することが大切です。早く返答することで相手に好印象を与えます。

まとめ

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

いかがでしたでしょうか?内定承諾書について少しは理解していただけたでしょうか。内定承諾書は大切な書類の一つです。受け取ったらすぐにサインし返送することをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加