海外で活躍!国際看護師になるための条件とは?

海外に憧れをもっている看護師の方も多いのではないでしょうか?できるなら海外で看護師として働きたいと思っている方もいらっしゃると思います。

ですが、現段階では全世界共通の看護師免許というのは存在していません。そのため、日本で看護師免許を持っていても海外では通用しないのです。では、どうすれば海外で活躍する看護師になれるのでしょうか?

【看護師転職】看護師が登録すべき転職エージェントと年収条件アップ成功までの使い倒し術、徹底まとめ

国際看護師の仕事内容は?

国によって仕事内容は変わってきます。ですので、大まかな仕事内容になりますが、国際看護師の仕事内容は日本の看護師よりさらに医療行為を行います。

例えば、日本では挿管や動脈への穿刺は医師が行っていますが、アメリカの場合は挿管や動脈への穿刺も看護師の仕事です。

ですので、日本よりさらに医療行為を行うのが国際看護師です。

どうすれば国際看護師になることができるの?

日本で看護師としての資格を持っていたりキャリアを形成しているからと言って海外で看護師として働けるかと言ったらそんな簡単に出来るものではありません。海外で働きたいと思っても国によって資格もちがいます。

国際看護師になるための資格や免許はあるの?

国際看護師になるためには以下のことが必要です。

既に看護師の資格を取得済の人は、基礎的な看護知識をはじめ、
英語能力を判断する「GFNS(外国看護学校卒業正審議会)試験」
で合格しなければなりません。

日本の看護師として一線で活躍されていれば、特に問題ありません。
情熱はあるけれど不安と言う方は、一度基礎をおさらいしてみて。
いずれにしても、質の高い人材を欲しているので、完璧に仕上げることが大切です。

引用:http://nurse-rescue.com/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%9C%8B%E8%AD%B7%E5%B8%AB/

例えば、アメリカで看護師として働くため必要な条件は
①日本の看護師免許(准看護師資格は不可)
②CGFNS(外国看護学校卒業生審議会)の試験に合格する
③NCLEX(米国看護師資格)の試験にに合格する。
となります。

②のCGFNSの試験内容は、看護学と英語です。
基礎的な看護の知識だけでなく、それなりの英語の語学力が必要になります。
また、事前に語学力の証明テスト(TOEFL, IELTSなど)を受けておく
必要があります。

試験はアメリカに行って受ける必要があるかというと、実は日本国内で
試験を受けることができるんです。
東京で年3回実施されています。
検定料は418ドル(日本円で約43,000円ほど)です。

③は働きたい州のNCLEX(米国看護師資格)を取得する必要があります。
語学力の証明テスト(TOEFL, IELTSなど)の基準スコアも州によって変わります。
同じアメリカ国内でも州によって資格が違うのはちょっと不便ですね。
別な州で働きたいと思ったら、またその週のNCLEXを取らなければならないんです。
日本だったら1つの資格で全国どこでも働けるのにって思います。

試験方法はCATっていうコンピューターを用いた4択試験です。
制限時間の5時間のなかで3,000問の中からコンピューターが無作為に選んだ問題が
最大265問出題されます。

引用:http://30nurse.net/entry47.html

やはり、国際看護師として働く際には言葉の壁が一番です。海外に行ってから言葉を学べばいと思っている方もいらっしゃるかと思いますが、それでは看護師としての仕事をこなす事は無理です。

海外で働く前にある程度の言葉の能力が必要です。

国際看護師になるための心がまえは?

国際看護師への憧れを持っている方も沢山いらっしゃると思います。ですが、国際看護師として働く事は甘くありません。

国によって異なりますが、日本より医療が進んでいる国の場合は機械や物品も進化している物を使っていますし、逆に医療が進んでいない国では、物品や機械がないため充分な処置や治療を行う事ができない事があります。

また、何といっても一番の問題は言葉の壁です。英語が得意だし大丈夫と思っている方もいらっしゃるかと思いますが、すこし得意なくらいでは、海外に行って辛い思いする可能性が高くなります。

例えば、日本でも地方によって方言があり同じ国なのに言葉がわからないという事がありますよね。アメリカの場合でも州によって方言がありますし少しの言葉の違いでニュアンスが変わってきます。

また、医療現場ではコミュニケーションは治療や看護を行ううえで重要な役割があります。ですので、TOIECでは最低でも500点以上でコミュケーションがしっかり取れないと働く事は難しいと思います。

まとめ

国際看護師として働く事は、甘い世界ではありません。日本より医療が発展しているかしていないかで治療方法や看護の内容も違ってきます。

日本より医療行為を看護師が行わなければいけない事もあります。例えば、動脈血への穿刺や挿管も看護師が行わなければいけませんので、それだけ看護師の役割が大きいのです。

また、言葉の壁もありますので英語が少し話せるというレベルでは看護師の仕事は務まりません。国際看護師として働くのであれば、TOIECで500点以上は必要です。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

とはいっても国際看護師は日本で働くよりさらにやりがいを感じる事ができる現場ですので、興味のある方は是非挑戦してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加