小児科で働く看護師の実態。子供好き以上にもとめられること。

小児科で働く看護師とはどのようなイメージを持っていますか?小児科の場合、子供相手なので楽しそうとか、あまり大変ではなさそうと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

小児科病棟は0~15歳までの患者を対象にしています。
年齢で区切っているため、内科のように各診療科に分かれての病棟ではなく、急性疾患・がん等の重篤な疾患・アレルギーや喘息などの慢性疾患・先天性疾患といった様々な疾患の患者が入院してきます。
そのため、小児科病棟で働く看護師は小児に関する幅広い知識はもちろん様々な疾患に対する看護を身につける必要があります。
ここでは、「小児相手のナースには何が求められるか」を改めて考えてみたいと思います。

引用:http://www.makingcentsca.org/shonika.html

実際に小児科で働くと楽な職場ではない事を実感することができました。小児科で働く看護師の実態と、看護師に求められる事をお話ししていこうと思います。

【看護師転職】看護師が登録すべき転職エージェントと年収条件アップ成功までの使い倒し術、徹底まとめ

小児科で働く看護師には何が求められる?

shouni-kango003
引用: xn--gmqv6d1zo8zqowmy2dw32b.com

小児科で働く看護師には何が求められると思いますか?子供が好きなら務まると思っている方も多いかと思います。ですが、小児科で働く看護師に求められるのは子供好きということだけではありません。

皆さんが思っている以上に精神的にも肉体的にも負担のかかる職場とも言えます。

確かな看護技術

小児科で働く看護師に求められるのは、確かな看護技術です。もちろん、どの職場で働くにしてもしっかりとした看護技術を身につけているに越したことはありません。ですが、小児科では確かな看護技術がなければ務まらないのです。

子供は大人のように、処置や看護を受け入れることはとても難しいです。例えば、点滴をする際にも嫌がって暴れる可能性があります。まずは、暴れないように説得して処置を行わなければいけませんが、幼児の場合は処置を受け入れることが難しいです。

処置だけではなく、入院生活を送るにあたっても思い通りに行動してくれないのが子供です。

また、処置を行う際には失敗はできません。1回でも処置をすることに抵抗のある子供に対して何回も処置を行うことは、子供に精神的な負担も掛かってしまいます。ですので、小児科では適切な処置を的確に行う事を求めれます。

小児科で働く看護師にはメンタルの強さも求められる

images (1)
引用:kango4job.com

小児科では子供相手で楽しそうだし、子供が好きなら務まると思いますよね。でも、現実はとてもシビアな世界です。そのため、技術だけではなく看護師自身のメンタルの強さも求められます。

子供の苦しむ姿を見なければいけない

kids
引用: ochiaihp.jp

小児科に受診している子供や入院している子供は、肺炎や流行感染症だけではなく癌や白血病などの重症の病気の治療を行っている子供もいます。皆さんが思っている以上に苦しみながら治療を受けている子供は多いのです。

治療に苦しみ泣き叫ぶ姿を見ても、看護師が涙を流したり同情してはいけません。一番辛いのは、治療を受けている子供自身とその家族です。看護師は、苦しんでいる子供の姿を見ても常に冷静に対応しなければいけません。

子供だけではなく親への対応も重要

小児科で働く際に求められるのは、子供の看護だけではありません。子供へのケアと同様に親へのメンタルケアも重要なのです。なぜ、親へのメンタルケアも重要なのか?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

子供は自分自身で治療法を決めることはできません。手術や処置を行う際にも必ず両親の承諾を得てからでなければ行うことはできません。そのため、子供だけではなく親に対しても、きちんと説明しなければいけません。

また、子供も両親も不安な気持ちをストレートに医療従事者にぶつけてきます。時には
八つ当たりやクレームを言ってくる場合がありますが、他へ気持ちをぶつける所がないため、看護師に気持ちをぶつけてくるのです。

ですが、このような気持ちを受け止め対応することが求められます。

親の協力を得ることも必要

親へのメンタルケアを行うことも必要ですが、親の協力を得ることも必要です。子供の気持ちや仕草を読み取るのは、やはり親が一番です。処置や看護を行う際にも親としっかりコミュニケーションとり、どのように行えば少しでも子供の負担が少なくなるのか考えなければいけません。

images (2)

少しでも安全で安楽に処置やケアを行うためには親の協力を得ることは必要なのです。

小児科で働く看護師のメリット

小児科で働く看護師には多くの事が求められて大変あなイメージだけしかないという方もいらっしゃるかもしれません。ですが、そのようなことはなく、小児科で働く看護師にもメリットがあります。

メリットは、子供の笑顔をみる事が出来ることです。子供の笑顔は、看護師の私たちにとって、癒しにもなります。苦しむ表情を見て辛いですが、その後に元気になった姿や笑顔は癒しだけではなく、やりがいも感じることができます。

まとめ

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

小児科で働く看護師には、子供好きというだけではなく、確かな技術、強い精神力、肉体的な強さなどが求められるので大変なイメージが強いと思います。ですが、子供ならではの回復の早さや、元気になった時の姿を見ることで癒しとやりがいを感じることができます。小児科に興味を持たれた方はぜひ、小児科勤務に挑戦して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加