ママナースの働き方。育児と看護を両立する5つのポイント

最近では、育児をしながら仕事をこなす女性が増えてきました。ですが、子育てをしながら働く事は安易な事ではありません。特に看護師の仕事は精神的にも肉体的にもとても負担がかかります。ですが、少しでも負担を軽減し仕事と育児を両立するためのポイントがあります。そのポイントの中で押さえておきたい5つのポイントについてお話ししていこうと思います。

【看護師転職】看護師が登録すべき転職エージェントと年収条件アップ成功までの使い倒し術、徹底まとめ

育児と看護のどちらを優先するか自分で決めて

仕事をしながら育児するにあたって悩みの原因になるのが、「子供の病気や怪我での早退や欠席ってどうしよう?」という事です。仕事も家庭も両方大事だからこそ、どうしたら良いのか迷いますよね。ですが自分自身でどちらを優先すべきなのかをきちんと考えておく事で、悩みから解放されます。例えば、家庭を優先する事を選択する場合です。その際、きちんと上司に「子供の病気や怪我の場合、自分しか見る人がいないので欠席や早退します」と宣言してください。

この宣言をしていないと、毎回何て言われるだろう?と上司や周囲からの目が気になってしまいます。ですが割り切ってしまう事でそのような悩みから解放され、気にしなくて済むようになります。とは言っても、職場によって子育てしながら働きやすい環境とそうでない環境があるので見極める必要があります。

子育てしながら働きやすい職場を選んで

長年勤めていた職場であっても、独身とママとでは待遇が変わり以前は働きやすい環境だと思っていたけど、そうではなくなるといったケースもあります。そのため、働きにくい環境だと思った場合転職をかんがえるのも1つの方法だと思います。

働きやすい職場を選ぶ際に押さえておきたいポイントです。

  • 日勤常勤雇用できる。
  • 残業がほとんどない。
  • ママ看護師が多く在籍している。
  • 看護配置がきちんと取得できている。

といったポイントを押さえておく事をお勧めします。

看護師は自分に合った勤務スタイルを選ぶ事ができる

看護師が働くにあたってのメリットである一つが、勤務スタイルを選ぶ事ができるという事です。普通、一般企業に勤務した場合、9時から18時までなど、勤務時間が決まっています。ですが看護師の場合、日勤や夜勤などだけではなく常勤雇用やパートやアルバイトなど様々な勤務スタイルを選んで勤務する事ができます。

仕事と家庭を両立しようと思った際に、常勤だけではなくパートやアルバイトなど自分の働きたい時間だけを選べるのは看護師の資格を持っているからこそできる事です。無理して正社員として働くのではなく自分の家庭に合った勤務スタイルを選んでください。

自分1人でがんばりすぎないようにして

子育てと仕事の両立をする際、周りの協力を得ずに頑張ろう思っている方もいるかもしれません。ですが、協力を得ることができる人がいるのであれば、サポートしてもらう事をお勧めします。旦那だけではなく、両親や兄弟などの身内以外にも友人などがいるかと思います。自分1人で頑張りすぎると精神的にも肉体的にも負担がかかります。がんばりすぎて母親が倒れてしまうと、子供にも負担がかかります。

ですので、母親が病気にならないようにするためにもサポートを受け手を抜けるところは手を抜きながら両立する事をお勧めします。

仕事と子育てだけではなくストレス発散もして

子育てをしながらの仕事はとても大変なことです。それに増して看護師の仕事は精神的にも肉体的にも負担がかかります。自分でも気づかないうちにストレスが溜まっているといった方も多いのではないでしょうか。どちらも、一生懸命になってすることはとても良いことだと思います。ですが、一生懸命になりすぎてストレスを溜め込み自分の体調が悪くなってしまっては意味がありません。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

ですので、仕事の休みの日でも子供を保育園に預けて自分の時間を作り、自分のためにプライベートの時間を費やすことも、仕事と子育てを両立するためには大切なことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加