5年目・子供無し・初めての転職で年収450→400万円、家庭に居る時間を増やしたい!【先輩看護師の一日】

シリーズ3本目、看護師の働き方を考える、看護師ミシュラン「看護師のリアルな1日」をインタビューするシリーズ記事です。転職を考えている方や、20代で今後の看護師キャリアを考えている方の参考になれば幸いです。

※1本目
10年目・2回転職・2児子持ちのママナース働き方。両立は可能?【先輩看護師の一日】

※2本目
アラサー独身女子看護師【先輩看護師の一日】

さあ行きましょう!今回も寄稿スタイルで。

【看護師転職】看護師が登録すべき転職エージェントと年収条件アップ成功までの使い倒し術、徹底まとめ

1,自己紹介、経歴(転職回数)

千葉県の総合病院にて勤務をしていましたが、半年前に小規模な病院の外来に転職しました。勤続年数は今年で5年目になります。家族は旦那と二人暮らしです。子どもをつくる予定は今のところありません。総合病院の時は病棟で勤務しており夜勤も月5回程度入っていました。年収は450万程度あったものが、400万程度になりましたが、生活が落ち着いているので個人的には満足しています。

2,一日のタイムテーブル(通常勤務・夜勤勤務・休日の過ごし方)

ここでは、以前の病院に勤めていた際の勤務形態をご紹介します。

<通常日勤勤務>

07:00 起床、出勤準備
07:50 出勤
08:10 病院到着後、カルテチェックなど
08:30 夜勤者からの引き継ぎ
09:00 外来にて診察補助
13:00 休憩
14:00 入退院患者対応
16:00 委員会活動
17:00 夕食準備・食事介助
18:00 カルテ記入など残務整理
20:00 勉強会(業務外に行う事が多いです)
22:00 退勤(帰りの時間は20:00~22:00頃の間で日によって変わります)
22:30 帰宅
23:00 夕食・風呂
24:00 就寝

とにかく帰りが遅くなる日勤は地獄

日勤の日は帰りが21:00以降になることが多いです。勉強会を業務時間外に行う事が多いので、その分だけで2時間くらいは残業になります。自分のスキルアップや知識補充にはとても役に立つのですが、正直次の日も日勤だと結構しんどいです。

<夜勤勤務>

14:00 起床、出勤準備
14:50 出勤
15:00 病院到着後、委員会活動のMTGや資料作成
16:30 引き継ぎ
17:00 夕食の食事介助
20:00 消灯・見回りなど
1:00 休憩・仮眠
~定期的におむつ交換や、ナースコール対応など~
8:30 引き継ぎ
9:00 カルテ作成など残務整理
11:00 退勤
11:30 帰宅

日勤よりは楽!テンションハイな夜勤明け

夜勤明けの日は、帰って寝ることもありますが、基本的には夜まで起きていることが多いです。そのまま、友人と食事に行ったり、買い物に行ったりすることもあります。日勤の日は、ご飯を食べに行くのもめんどくさいくらいですが、夜勤明けは次の日が休みということもあり、結構テンションが上がります。つい気持ちが大きくなってしまって、高い物を買う時は大体夜勤明けです・・・・。あらあら。。。(笑)

3,どうして転職・退職しようと思ったのか?

月60時間以上の残業!家庭がまわらない・・・・

配属病棟にもよりますが、自分自身が最後に病棟は60時間/月程度あり、日勤で帰りが22:00頃になることも多かったです。結婚するまでは、その働き方でも良かったのですが、家事などがまわらなくなってきました。夫も帰ってくるのは早くないですが、私の方が遅いこともしばしば。正直、どちらもご飯を作らないので外食代がかさみます・・・。

人数不足で異動もNG!偏った経験しかつめない不安

病院内での異動がなかなかできず、経験に偏りが出てきている点を不安に思ったためです。新卒から循環器内科の病棟にいますが、3年目の時に一般内科を経験したいと思い、異動の届を出しましたが、「循環器内科の看護師が足りないから」という理由で最後まで異動は出来ませんでした。自分自身のキャリアの幅を広げるために、転職活動をすることにしました。現在は、内科メインの外来看護師として経験を積んでいるところです。

4,転職・退職の際に準備したこと、大変だったことのまとめ

なかなか辞めさせてもらえない!

一番大変だったことは「退職交渉」です。私が勤める病院は、県内でも辞めるのに苦労すると言われている(転職エージェントの方も知っていました)病院でした。新人のときから、先輩が退職を伝えに足を運んでは、泣いて出てくるのを何度も見ていました。基本的にはその方達を含め、結婚か出産、病気以外は辞めていった例がありません。

絶対に辞める、そう心に決めることが意外と大事

退職のポイントは、「絶対にこちら側が引かない」ということです。いきなり精神論で申し訳ないのですが、やはりこの覚悟が決まっているかどうかで辞められるかどうかは決まります。普通に考えれば、私は子どももいなければ、病院側にとっては辞める理由が何もない人ですので、「その病院では絶対にかなわない事を退職理由にする」ということを考えました。私の病院では、託児所がなく、子どもを預けて働くという事は物理的に無理です。

結局最後は本当に辞めたい意思があるかどうかの問題だということです。今まで、たくさんの人が退職交渉に失敗していたけど、多分準備をせずに言ってしまったんだろうなと思っています。

5,使ったことがある転職支援サービスと評判

アドバイザーの質が高かった、「リクルートナースフル」

最初に登録をして、結局1つしか使いませんでした。旦那に相談したところ、就職と言えばリクルートだろと言われ言われるがままに登録しました。利用してみて良かった点は2点あります。1点目は、とてもスピード感があり、1か月ほどで転職先が決定したことです。2点目は、キャリアアドバイザーの方も家庭の事も考えて親身に相談になってくれたことです。

具体的には、登録すると10分ほどで電話がかかってきて、30分ほど転職の理由や、希望条件などをお話しました。その日は夜に予定が入っていたので、翌日にお仕事の紹介をしてもらいました。7件ほどの求人を紹介してもらい、条件も良く、気に入った求人を2つ応募してもらいました。さらに翌日には、キャリアアドバイザーから電話があり、「面接日程が決まりました」と連絡があり翌週に面接になりました。その後、内定も面接から翌日に出て転職先を決定しました。

キャリアアドバイザーの方は、希望条件はもちろん、家庭のことも考えて頂き、看護師としてのキャリアと女性としての生き方の両軸で提案していただけたことがとても納得感がありました。

>> リクルートナースフルの詳細を見る!

6,今の働き方・時間の使い方について気に入っているところ

いまは帰る時間が遅くても19:00頃になったことが何よりのお気に入りです。家事や炊事も出来るようになり、家庭との両立が出来る生活になりました。また、小さな病院で、かつママさんナースも多い職場なので勉強会なども勤務時間内にやったり、ランチMTG形式でやれるのでとても楽です。皆さんお子さんのお迎えが合ったりと大変なので、仕事中も効率を考えて仕事をしている方が多く、自分自身の仕事のスピードも上がったとおもいます。

7,今の働き方・時間の使い方について気に入ってないところ、改善したいところ

あえて挙げるとしたら、時間がゆっくり流れていて少し浮いた時間が出来てしまう事でしょうか。外来が忙しい日は良いのですが、水曜や木曜辺りは患者数も少なく、定時を待つようにして帰ります。診察中も空いている時間が多く、時間を持て余しているようなことが多いです。贅沢な悩みかもしれませんが、今までせかせかと働いてきた生活に比べると張り合いが少ないです。

8,さいごにまとめ:自分の生活の変化に合わせて働き方を自分から選ぼう!

私のように結婚しているが子どもはいない看護師さんは意外と肩身が狭い想いをしているのではないかと思います。キャリアアドバイザーの方も仰っていた言葉で、「看護師は会社で働く人よりも、自分の生活の変化に合わせて働き方を選びやすい職種」ということが印象的で、確かにそうかもしれないと感じました。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

ただしそのためには、下積み時代(最低でも3年以上)を病院でやりきる事がとても重要だった気がします。だからこそ、今は日勤などの受かりにくい選考にも受かることができましたし、仕事を選べるようになったのだと思います。是非、みなさんも一度プロの意見を聞いてみて、大事な転職を成功させてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加