治験コーディネーターになって、看護師のコミュニケーション能力と医療知識を生かそう・役割・給料も徹底まとめ

治験コーディネーターって聞いた事があるけど、実際にはどんなことを知らないという方も多いのではないでしょうか?治験コーディネーターについてお話ししていこうと思います。

【看護師転職】看護師が登録すべき転職エージェントと年収条件アップ成功までの使い倒し術、徹底まとめ

治験コーディネーターとはどんな仕事?

治験とは、新しくできた薬を世の中にっで回る前に安全性や有効性があるのかを人間に試してみることを言います。

そして、治験コーディネーターとは、この治験をスムーズに行うために治験業務全体を統括しトラブルやあ遅滞が起きないように管理する人のことを言います。

治験は、最初から人間に試してみるのではなく、まずは動物実験を行いその薬の有効性や安全性、効果、副作用などを把握します。

動物で安全性や有効性の確認ができたら、次は人間で実験を行うのです。この新薬を開発する際の試験を『臨床試験』と言い、治験は新薬を開発する上で重要な過程なのです。
治験コーディネーターの求人情報は少なくありません。求人情報の中でも看護師の転職サイトでは治験コーディネーターの求人でも好条件のものが多く揃っています。転職サイトによっては治験セミナーを開催していたり、研修制度を実施している求人の特集を用意していたりなど、治験業界が未経験な人でも足を踏み入れやすいようなサービスを展開しています。今までの看護師・薬剤師の経験を活かし、治験業界で活躍してみてはいかがでしょうか?今までとは違った業務にはなりますが、新しい環境で働くと、良い刺激を受けたり、多くの発見があると思います。

すでにCRCとして活躍されている方も、希望する条件で働けるよに転職サポートしてくれる看護師、薬剤師専門の転職サイトを活用してください。看護師、薬剤師の仕事をしている方も、すでに治験の仕事をしている方もまずは、転職サイトのコンサルタントサービスに無料登録して、相談してみる事から始めていきましょう。

引用:http://xn--dck5ayb4a5a0xdb1678kxitb9e7abc2a.net/

治験コーディネーターの役割は?

治験コーディネーターとは、治験の際にサポートや様々な業務を行います。治験コーディネーターの役割は、治験を行う医師と治験に参加する患者さんとの仲介役になるという事です。

治験を受ける患者さんに対して治験の注意事項を伝えたり、医師の補助を行ったりします。治験コーディネーターは、患者さんの不安な気持ちを理解し、相談に乗り患者さんの疑問に対しても的確に答えなければいけません。

また、患者さんからの要望や相談などがある場合は、医師に報告し解決策を導くのも治験コーディネーターの仕事です。

治験コーディネーターは、治験に関する専門知識だけでなく、コミュニケーション能力が求められる仕事です。

ですので、コミュニケーションが得意な方や人が好きという方には治験コーディネーターが向いていると言えます。

治験コーディネーターの仕事内容は?

治験コーディネーターの仕事内容は色々あります。例えば、治験のスケジュールを管理し、治験がスムーズに行えるように医師や患者さん、製薬会社など治験に関わる全ての方とコミュニケーションをとらなければいけません。

このコミュニケーションが重要なのです。コミュニケーションがうまくとれなければ、患者さんも不安になりますし、医師と製薬会社との意思疎通が困難となり治験はスムーズに進みません。

この他には、治験に必要な書類や資料の準備、データ管理やチェック、症例報告書を作成する際の補助も行っています。

治験コーディネーターのお給料は?

看護師の平均年収は38歳で約472万円、となっています。 看護師の方が未経験で治験コーディネーターとなった場合、年収は350~400万円前後となるため、約100万円年収が下がります。

治験コーディネーターに転職して数年は年収が低いですがその後、大幅に年収が上がります。

また、治験コーディネーターの場合、夜勤がありません。ですの病院勤務の看護師のお給料から、夜勤手当を引くと治験コーディネーターとの年収差はほとんどありません。

治験コーディネーターのメリットとデメリット

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

治験コーディネーターとして働くにも、メリットとデメリットがあります。

治験コーディネーターのメリット

  • 残業がほとんどなく、日勤のみの勤務で土・日・祝日が休み
  • GWやお盆、年末年始などの大型連休に休をとることができる
  • ビジネスのスキルが身につけることができる
  • コミュニケーション能力を高めることができる

治験コーディネーターのデメリット

  • 夜勤を行っていた病院勤務に比べて給与が下がる
  • 仕事のプロジェクトによって勤務地が遠くなるため勤務時間がかかる
  • デスクワークが増えるためパソコンスキルが必要不可欠
  • 看護師としての医療技術を磨く事ができない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加