保育園看護師になる方法と、保育園看護師の仕事内容・研修・悩み・給料などまとめ

保育園で看護師として働く事があるというのは知っているけど、実際どのような仕事内容なのかご存知ではない方も多いのではないでしょうか。

保育園看護師になる方法と仕事内容についてお話ししていこうと思います。

【看護師転職】看護師が登録すべき転職エージェントと年収条件アップ成功までの使い倒し術、徹底まとめ

保育園看護師になるのはどうすればいいの?

保育園看護師になるためには、正看護師の免許を持っていれば働く事ができます。これに加えて採用されやすいのが、小児科勤務経験者です。

まず、子供の異常を解り対応できるの能力が必要です。ほとんどの保育園は、看護師は1人しか勤務していません。そのため、異常がある時の対応と判断を1人で行わなければいけません。

そのため、小児科勤務経験のある方は対応と判断できますのっで採用されやすいです。ただ、子供好きで看護師の仕事から離れたいと思った方の場合、想像以上い大変で働き続けるのが困難となる場合がありますので注意してください。

保育園看護師はかなり人気のある職場です。そのため、働きたいと思っていてもなかなか働けないのが現状です。では、どのようにすれば数少ない保育園看護師の求人を見つける事ができるのか?

それは、求人サイトを利用する方法です。希少求人の場合、応募者が殺到しないよう求人サイトを活用している職場が多いのです。

ですので、保育園看護師として働きたいのであれば求人サイト利用してみて下さい。

保育園看護師の仕事内容ってどんなの?

保育園看護師の仕事は実際にどのような事をしているの?と思っている方もいらっしゃると思います。

保育園看護師の基本的な業務は保育士と同じです。保育園によって違いますが、何歳かのクラスの担当となり保育士と一緒に園児のお世話をします。

看護師資格を持っている場合、0歳っや1歳など小さな年齢の担当となっている職場が多いです。

園児のお世話とは、一緒に遊んだり、食事の介助やトイレの介助をしたり、お昼寝をさせたりします。これ以外に保育園看護師が行う業務は、園児の健康状態の把握と健康管理、健康診断の際の準備と健康診断当日の診療介助、月に1回の健康たよりの作成、保護者からの健康相談。

また、感染予防対策や保育士や園児の急病やケガに対し、必要であれば救急要請し医師の指示のもと処置を行ったり、保育士の健康管理、と相談も受けます。

大勢の子どもたちと同時に接するのは、病棟勤務の頃にはなかった難しさがあるそうです。

「病棟に勤務していた頃は、一人の患者さんを一対一で診ることが中心で、大勢を見ながら相手と接するということがありませんでした。ですが、保育園では大勢の子どもを見ながら、それぞれの事情にあった対応をするということが求められます。保育園の看護師の仕事というと、『ナースステーションや学校の保健室のようなところがあって、そこにずっと待機している』というイメージを持たれている方もいるのですが、少なくともこの園ではそうではありません。保育士さんと一緒に子どもたちと遊んだりすることも仕事のうちです」

引用:https://www.kango-roo.com/sn/a/view/389

保育園看護師のお給料ってどれくらい?

保育園看護師のお給料って、いくらくらいだと思いますか?実際に貰っている金額は月収で24万円前後となっています。

病棟勤務をしている方に比べば、安いですよね。ですが、病棟勤務の場合、夜勤や早出や遅出、そして休日出勤も行わなければいけません。

それに比べて保育園看護師の場合、平日のみの出勤で土・日・祝日は基本的に休みで勤務時間も8時30分〜17時となっています。

基本的に休みと言いましたが、年に数回土曜日も出勤しければいけません。それは、行事です。入園式や運動会、発表会などは出勤しなければいけません。

保育園看護師のメリットとデメリット

保育園看護師になるにも、メリットとデメリットがあります。まずは、メリットです。

保育園看護師のメリット

  • 元気な子供と触れ合う事ができる
  • 生命の危機があまりない
  • 勤務時間と休みの日が決まっているのでワークライフバランスがとりやすい
  • 業務に追われない

保育園看護師のデメリット

  • 保育園では看護師は1人勤務のところが多いため、相談相手がおらず1人で判断しなければいけない
  • 医療現場を一度離れると医療現場に戻りにくい
  • 保育士との人間関係が複雑な職場がある
  • 親からのクレームもある

保育園看護師のネット上の声

まずは正看護師!

専門性が高いので給与は保育士より高い!

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加