クリニカルスペシャリストになって、看護師の経験を営業に生かそう!働き方・給料はどう?

クリニカルスペシャリストという職業があることは、みなさんご存知でしょうか?最も人気のあるクリニカルスペシャリストの仕事についてお話ししてこうと思います。

クリニカルスペシャリストってどんな仕事?

クリニカルスペシャリストとは、主に医療機器や用具のメーカーに勤め、フィールドナースとも呼ばれることがあります。 自社の製品をより多くの病院で正しく使って頂く事で医療業界に貢献するお仕事です。最近では、病院で働くことに疲れた看護師や、看護師として以外で働きたいという方に人気のある職場です。

仕事内容としては、営業職となります。看護師の知識を生かし医療関連の機器や用具を営業していくわけですが、看護師の業務内容とは全く違います。主に行うことは、メーカーの営業担当者と同行して企業の製品をアピールすることが役割となり、プレゼンテーションを行います。

【看護師転職】看護師が登録すべき転職エージェントと年収条件アップ成功までの使い倒し術、徹底まとめ

クリニカルスペシャリストで働くとお給料はどれくらい?

クリニカルスペシャリストは産業看護師と同じカテゴリに位置づけられています。

産業看護師の給料が病院や施設などの職場と比べると、高めの給料設定となっています。クリニカルスペシャリストも同様で経験や年齢などによっても違いますが、平均月収は30万円から40万円前後となっています。アルバイトやパートでクリニカルスペシャリストとして働く場合の時給は平均1,800円から2,000円です。

クリニカルスペシャリストになると、どんなメリットとデメリットがあるの?

クリニカルスペシャリストになると、メリットとデメリットがあります。まずは、メリットからご紹介したいと思います。

クリニカルスペシャリストになるメリット

1つ目に、クリニカルスペシャリストになると身につくスキルですが、様々なビジネススキルを身につけることができます。

  • プレゼンテーション能力
  • コミュニケーション能力
  • プロモーション能力、発想力
  • パソコンのスキル
  • プロモーション能力
  • マーケティング能力
  • リーダーシップ力
  • 語学力

といった能力を身につけることができます。

2つめは、勤務形態が働きやすいという事です。労働環境や勤務時間などが看護師としては働く場合と全く違います。
まず、夜勤はなく、日勤のみの勤務なので土日祝日も基本的には休みです。そのため、ゴルデンウィークや年末年始も気兼ねなく休む無ことができます。

クリニカルスペシャリストになるデメリット

1つめは、成果や実績を求められる事です。看護師として働いている場合、成果や実績とは無縁ですよね。ですが、クリニカルスペシャリストとして働く場合は、民間企業で働く営業職なので常に成果を求められます。実績を残せないと上司から注意されたり、給料が下がったりします。

2つめは、畑違いの分野に足を踏み入れるリスクがあることです。このクリニカルスペシャリストは、看護師の知識を生かすことはできますが、全くの畑違いの仕事です。患者さんとの関わりが全くなくなり、看護ではな営業の仕事なので全く業種が違います。

3つめは、語学力が求められることです。医療機器メーカーが取り扱う機器は海外製品も多いため、看護師のスキルだけではなく多少英語力が必要になります。更に、人前でプレゼンをする機会も多くなりますので、英語力は求められます。

クリニカルスペシャリストへの転職の際に気をつけることは?

クリニカルスペシャリストとしての仕事は数が少ないため、とても激戦する職業のひとつです。また、思っていた職場とは違ったと、転職してから後悔する人もいらっしゃいますので、転職前にきちんと、情報収集することをお勧めします。

クリニカルスペシャリストとして、働くためには最低限必要なスキルがあります。それは、コミュニケーション能力、パソコンスキル、自動車免許です。これらがない採用は難しくなりますので注意してください。

特に、コミュニケーションやパソコンが苦手な方に不向きな職場とも言えます。

仕事は楽?辛い?

クリニカルスペシャリストは、医薬品メーカーや医療機器メーカーに勤務することが一般的です。

仕事内容は、病院勤務とは大きく異なるため、医療機関で働くよりも楽か辛いかを単純に比較することはできません。クリニカルスペシャリストは、企業によってフィールドナースなどとも呼ばれていますが、主にメーカーの営業担当者と同行して企業の製品をアピールすることが役割となります。

医療現場での経験がない営業担当者のアシスタントとして、製品のプレゼンテーションを行います。看護師としての知識や経験を活かすことができ、非常にやりがいもある仕事ですが、時には体力的にも精神的にも辛い場面があります。

向いている人は?向いていない人は?

クリニカルスペシャリストは、営業担当者と共に製品をアピールし、契約に至るということが大きな役割となります。そのため、医療に関する知識や技能だけでなく、セールスやプレゼンテーションに関するスキルも求められることになります。丁寧でわかりやすく、説得力のある説明が得意であるという人には向いているということができるでしょう。

また、時には顧客から難しい質問をされることもあるため、そのような時にもうろたえず落ち着いて堂々と対応することのできる度胸も必要とされます。体育会系の人に向いている仕事であるとも、いうことができます。

引用:http://dekiru-kangoshi.com/kind-of-work/byoinigai/clinical-specialist/5230/

「クリニカルスペシャリスト」に関するネット上の声

やっぱり、英会話はやっておきたい!

意外と営業職。

大卒看護師は3年以上でなれる!

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加