ママナースになる前に知っておきたい「育児休暇」と「育児休業」の違い

出産前後に「育児休暇」と「育児休業」取得しようと検討している方も多いと思いますが、育児休業・育児休暇の違いをご存知でしょうか?

今回は、育児休暇と育児休業の違いについてお話していこうと思います。

【看護師転職】看護師が登録すべき転職エージェントと年収条件アップ成功までの使い倒し術、徹底まとめ

育児休業と育児休暇の違いは何?

育児休業と育児休暇は全く違うものという事を皆さんご存じでしょうか?

育児休業:子育て目的の休業で法律に基づいた制度

まず、育児休業についてからお話ししていこうと思います。育児休業とは、子供を養育する労働者が育児・介護休業法の法律に基づいて取得できる休業制度のことを言います。休業する目的・理由が育児で、一般的には育休と呼ばれています。

育児休業は、子育てをする労働者が仕事と家との両立を図ることができるように支援することによって、福祉を増進し、国の経済及び社会が発展することを目的です。法律に基づいた休業制度なので、休業するための条件には、雇用の形態や就業期間があり、条件を満たしていなければ取得することができません。

また、育児休業の取得を理由に解雇や異動や降格や減給など育児休暇を取得する者が不利益にならないようにしなければいけず、問題がある場合は職場に対して労働基準監督から指導や勧告が告げられます。

そして、育児休業の場合、育児休業基本給付金と育児休業者職場復帰給付金の支給を受けることができます。育児休業期間中の社会保険料である健康保険料と厚生年金保険料が免除されます。

育児休業:書面での手続きが必要です!

育児休業の申出方法ですが、休業開始予定日の1ヵ月前までに職場へ書面を提出します。そしてそれを受けて、職場から育児休業取扱通知書という書面を育児休業を取得する本人に交付します。この育児休業ですが、子供ひとりにつき1回のみで子供が1歳6ヶ月になるまでの間に限り取得する事ができます。ですので、何回も取得できるというわけではありません。

育児休暇:法律には基づかず、勤務1年未満の看護師の育児を目的としたお休み

次に育児休暇についてです。育児休暇、法律に基づいて取得するものではなくあくまでも休暇のことを言います。

また、育児休暇は育児休業基本給付金といった給付制度などはありません。職場によって違いはありますが、看護師として勤務している方の場合で1年以上の勤務経験がある場合は育児休業となり、1年未満の方で育児するための休暇を取得したいのであれば育児休暇となります。

育児休暇の条件や内容に関しては、個々の職場が規定を設けていますので内容を知りたい方は、自分の働いている職場で聞いてください。

ママナースになる前の注意点

看護師の多くは女性で、その中の半数以上の方が結婚や出産を考えているのではないでしょうか?ですが、ママナースになる前には注意しておかなければいけないことがありますのでお話ししていこうと思います。

ママナースになる前に特に注意しておかなければいけないのが育児休業と育児休暇の違いを把握しておく事です。なぜ、この違いを把握しおく必要があるのか?それは、お金が支給されるか、また同じ職場で働く保証があるのかが変わってくるからです。

育児休業給付金も知っておこう!

育児のために休むのであれば、やはり育児休業給付金を給付してもらいたいですよね。どれくらい支給されるか知らない人はピンとこないかもしれません。金額としては、育児休業を取得する前のお給料は3ヶ月間を平均した額の2分の1です。ですので平均月収が24万円だった場合、1ヶ月あたり12万円の給付金を支給してもらう事ができます。

育児休業明けに、同じ勤務先に戻ることは保証されている

「育児休業」制度の正規利用であれば、育児休業終了後に、同じ病院や施設で勤務する事が保証されているので育児休業の場合、安心して育児に専念する事ができます。ですので、まだ妊娠していない場合の方で転職を考えている方の場合、転職し最低1年は妊娠しないように注意しましょう。

また、今働いている職場が1年以上の勤務経験がある場合で妊娠した方は、今の段階で転職するのではなく、出産後育児休業を取得したあと、最低でも1年は復帰するという方法をおすすめします。

私自身も、2人の子供がいるのですが2人とも育児休業を取得しました。1人目の時は、新卒から働いていた職場だったので5年以上の経験もあり何の問題もなく育児休業を取得しました。給付金は2ヶ月に1回、1回につき約25万円の育児休業給付金を支給してらい、11ヶ月間お休みをいただいた上で復帰しました。

復帰後も同じ病棟で勤務する事ができました。そして、3年間勤務したのですが、子育て環境に適さない職場だったので転職する事にしました。2人目の子供も欲しかったのですが、転職先での育児休業を取得する条件が勤続年数が1年だったので、1年間は避妊していました。(かなりリアルな話ですが。。。)

そして、1年後妊娠し1人目と同じように育児休業をお取得しました。私が、妊娠したと同時期に同僚も妊娠したのですが、彼女は勤務年数が3ヶ月間だったので育児休業ではなく育児休暇を取得しました。そのた育児休業給付金は支給してもらう事ができなかったそうです。1年以上勤続年数がないと育児休業の正規制度が使えない。。。

看護師・育児に関するネット上の声


なかなか難しい。。。


タイムリーなニュースです。育休を理由に昇給が認められないという事例が最高裁で違法判決になりました。少しでも看護師さんの職場改善につながるといいですね。


育児休業を取ると人間関係・職場現場との接点が当然途絶えてしまうため、職場を変える人も少なくないようです。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

休業を選択する際には、その後の現場復帰の選択肢を増やすという意味でも、看護師が登録すべき転職エージェントにいくつか登録している看護師さんが多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加