看護師の定年って何歳?定年後も働いているナースもいるって本当?

今働いている職場に定年を過ぎいている看護師は働いていますか?自分の職場にはいないけど、見かけた事があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本当に定年後も働いてもいいの?と思っている方もいらっしゃると思いますので看護師の定年についてお話ししていこうと思います。

看護師の定年っていつなの?

【看護師転職】看護師が登録すべき転職エージェントと年収条件アップ成功までの使い倒し術、徹底まとめ

必ずしも定年退職しなければいけない会社ばかりではないと思いますが、一般的に、定年は60歳(65歳)と定められています。

これは「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」によるものです。

看護師の場合も、病院などによって「60歳が定年」としているところはあります。

しかしながら、看護師には明確に定められた「定年退職」はありません。

引用:http://nurse-jobswitch.com/category11/entry20.html

ですので、職場によって定年の年齢は決められています。ですので、60歳か65歳であるか職場によって違うのです。

どの職場も看護師不足に悩まされているのは潜在看護師が多いからではないのか?と言われています。そのため、定年になっても働く意思のある看護師を雇用したいと思っているのが雇用先の思いです。

また、若手の看護師の場合教育や指導に時間を費やさなければいけなですが、定年後の看護師の場合知識や技術を兼ね揃えている上に、嘱託職員などの場合はお給料も低めの設定となるため、雇用主にもメリットがあるのです。

定年後の働き方とは?

では、定年になっているのに働いている人がいるのはなぜ?と思いますよね。定年になってからでも、働く事は出来るのです。

それが、嘱託職員です。嘱託職員とは、定年退職後に雇用してもらう働き方です。簡単に言えば契約社員ということです。

この嘱託職員の雇用というのは、どの職場でも行っているわけではなりません。よく、嘱託職員の求人をだしているのは、公立病院です。

定年後に働くお勧めの職場はあるの?

職場によっては、定年後に働くと働きにくい環境である場合があります。その理由は人間関係です。看護師は20代前後から定年までである60代の方が働いています。これだけの、年齢差があるとやはり個々に思うことは沢山ありますよね。また、嘱託職員の方は以前師長をやっていたけど、定年後なので一般職員に戻り業務が解らないとという方もいらっしゃるようです。

経験豊富な定年後看護師にオススメの職場

嘱託職員でも楽しく働くことのできる職場があります。それは、保育園看護師や老人介護施設です。まずは、保育園看護師です。一見若い看護師の方が良いのではないか?と思う方もいらっしゃるかもしれません。ですが、保育園で働く場合勤務している看護師は1人です。

そのため、知識・技術・判断力を求められます。また、保育園看護師では保育士同様子供の世話もしなけれないけません。ですので子育て経験のある方にはその知識や技術を活かすことのできる職場とも言えます。

次に老人介護施設です。老人介護施設だと介護量が多く肉体的な負担が多いと思われがちです。ですが、老人介護施設で介護を行うのは介護師の仕事で看護師は利用者さん全員の全身状態の把握や、行わなければいけない処置を行います。

そのため、トイレ介助や入浴介助などといった介助を直接行うのではなく、介護士に注意点などを指示しながら行ってもらいます。この指示を行うのが、若い看護師の場合難しいのです。その点、知識を豊富に持っている定年退職後の看護師であれば、豊富な知識と技術を活かすことの出来る職場とも言えます。

また、老人介護施設では看護師は1人から2人体制である職場がほとんどです。異常の早期発見と適切な判断を下すにも技術を要します。

定年後に起業するという方法も

看護師の資格を持っていて起業なんててきるの?と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?起業することが出来るのです。

それは、訪問看護ステーションの立ち上げです。訪問看護ステーションを立ち上げることなんてできるの?と思いますよね。看護師位の資格を持っていれば起業する事が出来るのです。

2025年問題:深刻な施設・看護師不足へ

現在、国は2025年問題という社会問題に頭を抱えています。老人の数が増え続けるのに対し施設の数が足りず自宅で療養しなければいけない人は確実に増えます。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

そのため、訪問看護師のニーズも高くなるのです。もちろん、今まで訪問看護を経験したことのない方が訪問看護を起業することは難しいかもしれません。もしも、定年後起業したいと思っている方は先を見据えて知識や技術を見につけることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加