実は損してない?看護師が基本給以外に支給される手当の種類まとめ

看護師の方が支給される手当の種類ってきちんと把握していますか?手当の種類で基本給は皆さんご存知かと思います。ですが、この他にもたくさんの手当があり、場合によっては損をしているかもしれません。

ですので、ここで知識をつけて損をしないか一度見直してみではいかがでしょうか?

そもそも看護師は昇給ペースがとっても緩やかなので、ただなんとなく続けていても給料はあまり高くなっていきません(>_<) 手当はいろいろ種類がありそうだけど、調べてもよく分からなかったというあなたにぜひ読んでほしいです。

引用:http://xn--u9j130gz8k47atyht44b7h1a59c.com/

【看護師転職】看護師が登録すべき転職エージェントと年収条件アップ成功までの使い倒し術、徹底まとめ

皆さんがよく知っている手当一覧

家族手当

基本的には、家族を扶養している人に対し支給される手当です。勤務先によっては、家族手当の事を扶養手当と言う所もあります。金額は、職場によって違いますし、また配偶者や子供、両親など対象によって異なります。、父母や子などの扶養人数が増えると、一人いくらという風に増額される金額があります。金額は、配偶者が1万〜1万5千円、子供が1人5000円が相場です。

資格手当

看護師や保健師、助産師などの資格を持っているという事に対して支払われる手当です。職場によっては、他のスタッフとの給与の調整のために、この資格手当の項目を使用する場合があります。金額は、勤務先によって異なりますが3万円から5万円が相場となっています。

調整手当

調整定額手当とは、周りと給料のバランスを取るために支給したり、転職前の給与水準と合わせるために支給したりされる手当です。職場によって運用ルールが違いますので、給料明細で疑問に思ったら職場に問い合わせてください。

通勤手当

通勤の費を支給してくれます。1か月10万円までの通勤手当は非課税となり、所得税・住民税がかかりません。ただし、マイカーや自転車通勤の場合は距離に応じて非課税限度額が定められています。月額55,000円まで全額支給(国立病院機構)

住居手当

主に借家・賃貸住宅に住んでいる人に支払われる手当で、持ち家の場合には住居手当を支給してくれない職場がほとんどです。世帯主か非世帯主かで支給金額が違い、支給金額は5千円から3万円となっています。

食事手当

職場によっては、昼食や夕食が支給されますが、食事補助のないクリニックや病院で食事代として支給される手当です。

時間外勤務手当

時間外勤務手当にも超過勤務手当、時間外手当、残業手当、当直手当などがあります。
法定労働時間(原則1週40時間、1日8時間)を超えて就労した場合、給与の25%増しの給与を支払うことが労働基準法で定められています。また、法律で定められた休日(法定休日)に就労する場合、給与の35%増しの給与を支払うことが労働基準法で定められています。

深夜勤務手当

深夜勤務手当には、深夜手当、夜勤手当、準夜手当、夜間看護等手当などがあります。
22時から翌5時まで就労する場合、給与の25%増しの給与を支払うことが労働基準法で定められています。残業等が深夜にまで及んだ場合は通常の割増にさらに深夜割増が加算されます。夜勤手当として定額の支給を行う病院が多いです。
夜勤手当は時給換算した場合、25%割増で支給されます。金額としては、深夜勤を1回行うと1万円前後の手当が支給されます。また、国立病院など一部の病院では夜間看護等手当があり、夜勤1回につき3,200 円~7,600 円支給されます。

救急呼出待機手当

救急呼出手当とは、別名オンコール手当、拘束手当、待機手当、拘束呼出し手当などと、言います。これは、救急呼び出しに備えて自宅待機している場合に支給される手当のことを言います。一般病棟や療養病棟では聞き慣れませんよね。この救急呼出待機手当はオペ室やICUなっどの超急性期の職場にある手当です。待機1回の金額は職場によって違いますが、2000円から3000円前後となっています。

皆勤手当

遅刻・早退・欠勤がゼロの人に支給する手当の事を言います。基本的には皆勤の人ばかりになるので、求人では基本給のような扱いになっていることもあります。また、有給休暇は別枠扱いなので、取得しても皆勤になります。

精勤手当

皆勤手当と似ていますが、遅刻・早退・欠勤などが一定回数以下の人に支給される手当です。職場によって、独自のルールがある場合が多い手当です。

年末年始勤務手当

年末年始に働く看護師に出される特別手当です。1000円から5000円くらいで、この目当てに年末年始、働きたいという看護師も多いです。

退職手当

一般企業で言う退職金の事を言います。6ヶ月以上の勤務でもらえる病院もあります。一方、個人クリニックなどでは退職手当が少ない可能性があるので要注意です。
例えば、公立病院勤務をしていた場合、
勤続35年以上(定年退職) 看護師 約1,960万円
勤続35年以上(定年退職) 看護部長 約2,790万円
となっており、役職によって金額が違います。

特別指定衣服手当

白衣・シューズ購入及び自己管理費として支給される手当の事を言います。多くの職場は手当で支給するのではなく、ナース服やナースサンダルなど物を支給してくれる職場が多いです。

役職や資格でプラスα支給される手当

専門看護手当.認定看護師手当

特定の分野の専門的な資格である認定看護師や専門看護師の資格を持っている人に支給される手当です。認定看護師は、専門看護師の資格よりは取得しやすいですが、簡単には取得できません。専門的分野のエキスパートになりますので、日々の業務にも活かせます。認定看護師は、2015年12月現在では21分野あります。項目は、救急看護、皮膚・排泄ケア、集中ケア、緩和ケア、がん化学療法看護、がん性疼痛看護、訪問看護、感染管理、糖尿病看護、不妊症看護、新生児集中ケア、透析看護、手術看護、乳がん看護、摂食・嚥下障害看護、小児救急看護、認知症看護、脳卒中リハビリテーション看護、がん放射線療法看護、慢性呼吸器疾患看護、性心不全看護です。認定看護師の手当としては月額3,000円前後となっています。
専門看護師は2015年12月現在11分野あります。項目はがん看護、精神看護、地域看護、老人看護、小児看護、母性看護、慢性疾患看護、クリティカルケア看護(急性・重症患者看護)、感染症看護、家族支援、在宅看護の11分野で専門看護師の手当としては月額5,000円前後となっています。

役職手当

管理職・役付者に支払われる手当で、主任や師長、部長、副部長などの役職に就いた場合に支給されます。職場によって呼び方は違い、管理職手当、職責手当、職務手当などの呼称があります。支給金額は月額、師長は25,000~50,000円 、主任は5,000~15,000と定額にしている職場や、基本給に対して定率で師長の場合、 基本給月額の12%、看護部長の場合、基本給月額の16%といったところもあり職場によって違います。

助産師手当

助産師手当とは、分娩介助業務手当といい、助産師の資格を持ち、分娩を介助した回数に応じて支給される手当です。1回あたり2000円から1万円程度と職場によって金額が違います。

あまり知られていな手当

診療看護師手当

診療看護師とは、厚生労働省が推進しているチーム医療の一端を担うや役割として創設の検討を重ねられている看護師のことを言います。こちらは、2年間の教育と訓練を受ける必要があります。職場によって異なりますが、月額6万円前後となっています。

期末手当、業績手当、期末・勤勉手当

これは、いわゆるボーナスの事を言います。6月と12月の年2回に分けて支給されます。基本給に対しての計算になるので、手当がたくさん付いている職場は、ボーナスを少なく感じるかもしれません。この基本給に対する割合も職場によって違い、年間3〜4.5月分程度となっています。

寒冷地手当

都会で勤務している人は聞いた事のないと言う人も多いのではないでしょうか。これは、 寒冷地での生活コスト上昇に備えるための手当です。例えば、寒い地域では光熱費などが多くなる10月から翌年2月などの期間限定で支給されます。金額は、月額1万円台から2万円台程度で、支給基準が決まっています。

地域手当

この手当は、公立病院や全国展開していいいる総合病院などで給付される手当です。地価や物価水準の高い地域で支給される手当です。別名、都市手当とも言います。金額は、地区に応じて異なりますが基本給の3~12%の手当が給付されます。

特殊業務手当

特殊手当とはあ、特定の病棟で働く看護師に支給される手当の事を言い、危険やストレスの多い職場で働く看護師に出る手当と考えていいでしょう。この金額は職場によって異なります。ある病院の手当を例に挙げてみます。

重症心身障がい児(者)病棟 25,000円
神経・筋ジストロフィー病棟 25,000円
結核および精神科病棟 12,500円
救命救急センター 12,500円
危険手当10,000円
放射線取扱手当1,000円
となっています。

手術室勤務手当

手術室に勤務するオペナースに支給される手当です。すべての職場が、この手当てを支給しているわけではありません。また、手術室勤務手当とは呼ばずに特殊業務手当や危険手当としている職場もあります。

各種手当を理解して、気持ちよく働こう!

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

いかがでしたでしょうか。損をしていると感じた方は、必ず勤務先の責任者に確認しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加