専門看護師|看護師用語集

専門看護師制度は、高水準の看護ケアを効率よく提供するため、ある特定の看護分野において知識や技術を深めた専門看護師を世の中に送り出し、保健医療福祉の発展に貢献することなどを目的に作られました。

専門看護師は、特定の専門看護分野について、卓越した看護実践能力があると認められ、日本看護協会専門看護師認定審査に合格し、専門看護師として認められた者のことを指します。専門看護師制度は、日本看護協会と日本看護系大学協議会とが連携して運営されており、独立した専門分野として知識や技術に広がりと深さがあると認められた分野を専門看護分野として特定しています。現在では、がん看護・精神看護・地域看護・老人看護・小児看護・母性看護・慢性疾患看護・急性重症患者看護・感染症看護・家族支援・在宅看護の11分野が特定されています。

専門看護師になるには

専門看護師を目指すには、看護師の資格を取得し、看護系大学院の修士課程を修了し、日本看護系大学協議会が定める専門看護師教育課程基準の所定の単位を取得し、実務経験が5年以上あり、そのうち3年以上は希望する専門看護分野での実務経験であることが必要です。その上で、日本看護協会専門看護師認定審査に合格し、認定されると、専門看護師になることができます。

認定後は、5年ごとに更新する必要があります。更新するには、5年間に行った看護実践の実績や研修経験・研究業績等についての書類審査が行われ、それに通らなければなりません。

専門看護師の担う役割

専門看護師の担う役割には、大きく分けて「実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究」の6つがあります。

「実践」は、患者やその家族等に対して行われる、卓越した看護実践のことを指し、「相談」「教育」は、専門とする分野の看護を行おうとする一般の看護師に対し、看護を実践する上での相談役となったり、研修や指導といった教育的側面から関わったりすることを指します。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

また、「調整」は、患者のケアがスムーズに行われるよう保健医療福祉に関わる人たちとの連携等を行い、「倫理調整」は患者やその家族などの持つ権利を守るために働きかけることを指します。これらの活動が専門的知識や高水準の技術の上に成り立ち、さらなる看護の開発・発展を目指すためにも「研究」活動が行われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加