診療放射線技師|看護師用語集

診療放射線技師とは、医師の指示のもと、診断・治療のために放射線を取り扱うことのできる専門家のことをいいます。放射線の取り扱いは、診療放射線技師や医師・歯科医師にのみ認められています。健康診断でのレントゲン撮影やがんの治療など、予防から治療まで幅広く関わることができるため、診療放射線技師の活躍の場はたくさんあります。

診療放射線技師の役割

診療放射線技師は、健康診断などで一般的に行われている胸部レントゲン撮影などの他、CT・MRI・PET・RI・マンモグラフィーなど、さまざまな検査機器を使用する検査を行っています。検査の結果をもとに医師が病気や怪我について診断しますが、正確な診断やその後の治療を行うためには、的確な画像が撮影できるかどうかといった診療放射線技師の技量にかかっているともいえます。放射線を使用するということで、必要以上にレントゲン撮影に抵抗を感じる患者もいます。患者やその家族とコミュニケーションを図りながら、検査を行っていくことも重要となります。

放射線は検査だけでなく、治療にも使用されます。放射線を照射することにより、ガン細胞を減少させたり、死滅させたりする効果が期待できるため、放射線量法が行われます。体の外部から放射線を照射して治療する他、甲状腺の病気の治療に効果があるとされているアイソトープ治療や核医学治療など、体の内部に放射線を照射する治療法もあります。

診療放射線技師は、検査や治療など、有意義に放射線を利用するため、放射線の安全管理を徹底しなければなりません。放射線管理は、被ばく線量測定等による人の管理、放射線を使用する施設からの漏洩線量測定等による環境の管理、放射線を放出する線源の管理が必要です。

診療放射線技師になるには

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

診療放射線技師を目指すには、4年制大学の放射線技師養成課程を修了するか、短大や専門学校の放射線技師養成コースで3年以上の課程を終了し、診療放射線技師の国家試験に合格する必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加