CRC(Clinical Research Coordinator)|看護師用語集

CRC(Clinical Research Coordinator)とは、治験コーディネーターのことで、医療機関において、治験に関わる医師の指示のもと、治療の進行のサポートにあたる者のことをいいます。CRCは、治験内容の説明の補助や進行中のスケジュール管理等、治験の最初から最後までを共にします。

CRCの役割とは

CRCは、治験が始まる前に、医師が治験協力者に対して治験内容の説明を実施する上でフォローを行ったり、治験協力者の不安や疑問を解消するために相談に乗ったりします。これは、治験を行う前提となるインフォームド・コンセントの観点からも非常に重要です。事前の説明では必ずメリットもデメリットも両方伝え、しっかりと治験協力者の想いを聞き、治験協力者が自由意思に基づいて参加を了承、または拒否できるようにサポートします。

また、治験に関わる全ての職種との連携や、通院・検査の日程管理、服薬指導、事務作業など、CRCは治験が滞りなく行われるようサポートしていきます。
新薬の開発に関わることができ、新薬を待つ患者に貢献できるという点は、CRCという職業の大きな魅力といえるでしょう。

CRCになるには

CRCになるために、特別な資格は必要ありません。ただ、業務を行うにあたって、医学的知識や薬学的知識・医療機関の事情に精通していることなどが望まれるため、薬剤師や看護師・臨床検査技師などの医療系国家資格を取得している者がCRCになるケースが多いようです。特に、患者や医療従事者とのコミュニケーションに慣れ、様々な疾患についての知識がある看護師は、CRCに適任であるともいわれています。

また、医学や薬学の知識だけでなく、治験協力者に対する倫理的配慮も必要となり、CRCに求められる能力は幅広いものがあります。

CRCとして働くには、看護師や薬剤師などの資格を取得し、医療機関に所属して業務を行う場合と、治験施設支援機関から医療機関へ派遣されて働く場合とがあります。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

CRCとしての専門性を高めるために、いくつかの団体においてCRCの認定試験も行われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加