労働衛生コンサルタント|看護師用語集

労働衛生コンサルタントとは、労働者の衛生水準の向上を図るため、職場衛生について診断し、それに基づいて指導を行う専門家のことをいいます。労働衛生コンサルタントは、労働安全衛生法に基づいて定められた国家資格です。

労働衛生コンサルタントになるには

労働衛生コンサルタントになるには、厚生労働省が実施する労働衛生コンサルタント試験に合格し、厚生労働大臣の指定登録機関を通じて厚生労働省の名簿に登録をする必要があります。

労働衛生コンサルタントの資格試験は、「保健衛生」と「衛生工学」に分かれています。しかし、その区分による業務上の制限は特になく、「保健衛生」は健康管理面から、「衛生工学」は環境管理面からの問題点への介入を得意とします。

労働衛生コンサルタントの役割

労働安全衛生法では、事業者は労働者に対し、健康教育や健康相談・健康の保持増進を図るために必要な措置を講じる努力をしなければならないと定められています。労働衛生コンサルタントは事業場に対して、労働衛生管理・作業環境・健康管理等の診断や指導を通じ、事業場における労働衛生の水準の向上を図るお手伝いをします。職場における安全配慮義務は、よりよい職場環境を作る上で欠かせないばかりではなく、安全配慮義務が守られていない場合には訴訟になるケースもあり、職場環境を整えることは非常に重要です。

最近では、職場のメンタルヘルス不調者の増加が問題になっていますが、メンタルヘルス問題への対策にも、労働衛生コンサルタントは関わります。

労働安全衛生法に基づき、事業場の就業規則や労働衛生管理体制・健康管理体制等を調査し、メンタル不調者の発生状況はメンタルヘルス対策を確認した上で、問題点を整理し、改善計画を作成して指導を行っていきます。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

職場環境として、温度や照明・騒音などの物理的状況もストレス源となる可能性があるため、職場巡視により改善点を見つけ出し、指導を行っていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加