毒物劇物取扱責任者|看護師用語集

毒物劇物取扱責任者

毒物劇物取扱責任者は、毒物及び劇物取締法に規定されている国家資格で、指定された毒物または劇物を取り扱うために必要な資格です。毒物・劇物には様々な種類があり、毒物及び劇物取締法で規定されている毒物・劇物の製造・輸入・販売業においては、毒物劇物取扱責任者を置かなければならないとして義務付けられています。

毒物劇物取扱責任者になるには

毒物劇物取扱責任者は、薬剤師または厚生労働省で定める学校の応用化学に関する学課を終了した者・毒物劇物取扱試験に合格した者で、欠格事項に該当しない者がなることができます。欠格事項とは、18歳未満の者・心身の障害により、毒物劇物取扱者としての業務を適正に行うことができない者・麻薬や大麻、あへん、覚せい剤の中毒者・毒物や劇物、薬事に関する罪で罰金以上の刑に処せられ、執行が終わるか執行を受けることなくなった日から起算して3年を経過していない者を指します。

毒物劇物取扱責任者になるための国家試験は、「一般」「農業用品目」「特定品目」の3種類があり、それぞれで対象になる毒物・劇物の種類が違ってきます。「一般」は毒物・劇物の全てを扱い、「農業用品目」では農業用に規定された毒物・劇物を、「特定品目」では特定品目として定められているものを扱います。

これらのうち、「一般」に合格すると、製造・輸入・販売業の毒物劇物取扱責任者になることができます。一方、「農業用品目」「特定品目」に合格しても、製造業の毒物劇物取扱責任者にはなれません。

毒物劇物取扱責任者の役割とは

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

毒物劇物取扱責任者は、毒物・劇物の取り扱いに関して、保健衛生上の危害の防止にあたります。毒物や劇物の紛失や漏出がないよう管理したり、事故が起きてしまった際には設備を確認したり、再発防止措置を行ったり、保健所への届出などを行ったりします。毒物・劇物の運搬や廃棄に関しては、技術基準に適合しているのかどうかを点検します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加