診療情報管理士|看護師用語集

診療情報管理士とは、診療情報や診療記録を適切に管理し、その中に含まれているデータや情報を分析し、加工・編集した上で活用することで、医療の質の向上や安全管理等に貢献する専門職です。

診療情報管理士の仕事とは

現在、医療の分野においてもIT化が進み、医療機関同士の連携や役割分担・情報の有効利用などが重要視されています。診療情報管士は、診療記録や診療情報をチェックし、医師や看護師による記録などをデータ化します。厚生労働省は疾病分類について、国際疾病分類であるICD-10を採用し、普及させる方針を明らかにしていますが、診療情報管理士はICD-10に基づき、疾患や術式・処置等を分類し、コード化します。

分類した情報をもとに、どの年代の患者が多く来院しているか、どの疾患に増加傾向があるのかなどを分析し、病院の今後の方向性を考え、問題点の改善のために戦略を立てるなどすることで、病院の経営に役立てます。

さらなるIT化が予測される現代において、診療情報管理はより重視され、診療情報管理士の需要は増すと考えられます。

診療情報管理士になるには

診療情報管理士の資格は、四病院団体協議会・財団法人医療研修推進財団で認定を行っている民間資格です。日本病院会認定の大学・専門学校において定められたカリキュラムを終了した者か、2年制以上の短期大学・専門学校以上の学歴があり、診療情報管理通信教育を受講したものが、診療情報管理士認定試験を受験することができ、合格すると診療情報管理士になることができます。

情報処理能力だけでなく、疾患を分類したり、医療従事者の求めに応じて診療情報を検索し、情報を提供したりする必要があるため、医学的知識も必要となります。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

診療情報管理士を配置すると、診療報酬点数が加算されます。そのため、病院側も積極的に診療情報管理士を採用するようになってきました。病院の他、生命保険会社や医療関連企業などでも、診療情報管理士は活躍しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加