自衛隊看護師|看護師用語集

自衛隊看護師とは、自衛隊を医療・看護で支える看護師のことをいいます。自衛隊は防衛省の管轄であり、自衛隊看護師は有事の際には直接現場へ行って、医療の第一線で活躍します。自衛隊看護師は、看護師であると同時に自衛官という立場で看護にあたります。

自衛隊看護師の業務とは

平時には、自衛隊の持つ病院で働いたり、衛生隊として各部隊で看護を行ったりします。ですが、大きな災害など有事の際には、現場に行って活動しなければなりません。日常とはかけ離れた特殊な環境の中で仕事をする自衛隊看護師には、強靭な精神力や体力がないと厳しい世界であるといえるでしょう。看護師であると同時に、国を守る使命を持つ、自衛官としての自覚が必要です。

自衛隊看護師に特有なこと

自衛隊中央病院高等看護学院に入学して看護師を目指す場合、入学料や授業料が無料であるばかりか、入学と同時に陸上自衛官となるため、特別職国家公務員として給料が支給されます。入学時点で2等陸士となり、学年が上がると階級も上がっていきます。

看護についての勉強以外に、陸上自衛隊の教育訓練を履修する必要があるため、射撃訓練で銃の扱い方を身に付けたり、野外訓練で穴の掘り方や地図の見方なども学び、その中で自衛官としての心構えを身に付けます。護身術や防衛術を覚えるのも、最低限自分の身は自分で守るための訓練です。また、有事を想定して野外病院を開設し、治療や看護にあたる訓練も行います。

学校を卒業し、病院で働き始めてからも、自衛官としての訓練は続きます。幹部になるには、さらにハードな訓練が待っています。それらの訓練を経て、災害派遣などが行われます。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

看護師という専門職としての厳しさと、自衛官としての戒めをもって日々働くことは、いつどんな災害が起こるかわからない世の中において、いざという時の大きな力になります。これらの力を備えた自衛隊看護師は、国民を守るという使命感と携え、今日も働いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加