看護補助者|看護師用語集

看護補助者とは、医療関係の免許を必要とせず、看護における業務の補助を行う人のことをいいます。看護師が専門性の必要な業務に専念できるようにするため、看護補助者を配置し、看護チームとしてのチーム員の増員が行われています。
看護補助者の業務に明確な法律上の決まりはありませんが、看護師の免許を持っているわけではないので、看護師の業務にあたる「療養上の世話」「診療の補助」については、患者に直接的に実施することはできません。

看護補助者の業務範囲

看護補助者は、環境整備やベッドメーキング・リネン類の管理・清拭・入浴の介助・排泄の介助・食事の介助・患者の移動や移送など、一見すると看護師と何ら変わらない業務を行っているように見えます。

ところが、看護補助者は看護師の免許を持っているわけではないため、携わることのできる業務範囲には制限があります。看護の専門的な判断を必要としない業務であることが前提で、例えばベッドメーキングの場合、退院後の空きベッドや自分で起き上がってベッドから離れることができる患者のベッドメーキングは、看護補助者が行うことが可能ですが、患者がベッド上にいる状態でのシーツ交換などは、患者の安全上、看護補助者だけで行うことはできません。

看護師長などの管理者は、看護補助者の管理・教育の責任を負うため、看護補助者の研修や業務範囲の設定・採用・配置などを行い、体制を整える必要があります。看護補助者の業務が看護の専門的な判断を必要としない業務に限られるとはいえ、医療現場で業務を行うからにはリスクがないとはいえず、事故発生を防ぐためにも、管理・教育は非常に重要です。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

また、看護補助者は看護師からの依頼によって業務を行う場合が多いため、管理者に限らず看護師一人ひとりが看護補助者の業務範囲を理解しておくことが重要です。また、他の医療従事者に対しても、看護補助者の役割について、理解を促すことが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加