メディカルサイエンティフィックリエゾン(MSL)|看護師用語集

メディカルサイエンティフィックリエゾン

メディカルサイエンティフィックリエゾン(MSL)とは、医療連絡係のことで、リエゾンとはフランス語で「橋渡し」を意味します。メディカルサイエンティフィックリエゾンは、薬の有効性や安全性についてのエビデンスを集め、そのエビデンスを医師や医療機関へ提供することで、製薬会社と医師・医療機関との連携を強化するよう努めます。メディカルサイエンティフィックリエゾンは、外資系の製薬企業で配置されていることが多い専門職です。

MSLに求められること

MSLは、多くは製薬会社に在籍しています。しかし、MSLは自社商品の直接的な販売促進は行いません。医師に対し、薬剤の最新のエビデンスを紹介するため、疾患や治療・薬剤に関する幅広い知識が必要であり、また学術論文や海外の医療情報を収集し、活用できるだけの語学力や、実践的なコミュニケーション能力などが求められます。

MSLになるためには、特に資格は必要ありませんが、製薬会社が採用するにあたって、MRとしての経験や臨床研究の経験を求めることが多いようです。

MSLの役割とは

MSLはまず、学術文献や臨床試験のデータ・薬剤の発売後の実績データなどから、エビデンスを収集します。そして、収集したそれらのエビデンスを、医師や医療機関に提供します。例えば、薬を長期間投与する場合の問題点や薬の併用に問題はないか・謳われている効能以外の効果についてなど、様々な医師からの問い合わせがあるのに対し、その根拠を明らかにしつつ、それらの薬にどのような問題点があり、それはなぜなのか、どのような有効性があるのかなど、具体的に示します。

しかし、文献や臨床データを収集していても、医師からの問い合わせに対応しきれない場合も出てきます。その場合には、薬の有効性や問題点に対し、問い合わせをした医師に臨床研究を提案し、臨床研究の実施により得られたデータを基にエビデンスを見つけ出していくという方法を取ることもあります。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

また、将来的に需要が見込まれる領域の薬について、その準備を早めに行うため、その薬の有効性に近いと考えられる領域の医師に臨床研究を勧めるなど、開発面からも動いていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加