認定看護師|看護師用語集

認定看護師制度は、看護の質の向上を図り、幅広いケアができる看護師を養成することを目的に作られました。認定看護師は、特定の看護分野において高度な技術と知識に基づき質の高い看護ができるとして、日本看護協会の認定看護師認定審査にて認定された看護師のことです。

認定看護師の特定看護分野とは、先進化・高度化する医療現場において、高水準の看護技術・知識が必要な分野であると認定看護師制度の委員会が認めた分野を指し、特定されている分野は、救急看護・緩和ケア・訪問看護・手術看護・がん放射線療法看護など21分野あります。

認定看護師になるには

看護師・保健師・助産師のいずれかの資格を取得し、取得後の実務経験が5年以上で、さらにそのうちの3年以上が希望する認定看護分野での実務経験であることが必要です。その上で、日本看護協会の認定看護師教育過程か、認定看護師の教育に適するとして認められた教育機関での過程を修了し、日本看護協会の認定看護師認定審査に合格すると、認定看護師となることができます。

なお、教育課程は6か月以上と決められており、平日の昼間に通学しなくてはいけないため、多くの看護師が休職や出張という形で通学しています。そのため、認定看護師を目指す場合、早めに上司や人事に相談することが望ましいでしょう。

また、希望する分野の教育機関が近くにない場合、学校の近くに住むなど生活場所から変えなければならないケースも多く、家族への相談や家族の理解が必要となります。
認定後は、5年毎に認定を更新する必要があります。

更新するには、5年間に行った看護と自己研鑽の実績が問われるため、やむを得ない事情を除いて、5年間何もせずに過ごしていると認定は失効します。

認定看護師の担う役割

認定看護師の役割は、大きく分けて「実践・指導・相談」の3つがあります。「実践」については、患者やその家族に対し、高い水準の技術や知識を用いて看護を実践していくことが求められます。
特に他の看護師と違うのは「指導・相談」の部分で、一般の看護師が看護を実践していく中で相談にのったり、指導をしたりすることを担う点です。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

認定看護師として認定された分野の看護を必要とする患者に対するケアや、その患者の担当看護師への指導など、認定看護師は病棟の枠を越えて活動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加