生命倫理学|看護師用語集

倫理学とは、道徳的問題や善悪などについて考える学問のことで、生命科学や医療の分野での道徳的問題について研究する学問を生命倫理学といいます。特に最近は、遺伝子関連の問題について倫理的側面を問われることが多くなっており、医学の専門家だけでなく、人類皆が考えていかなければならない大きな課題となっています。

生命倫理について考える

生命倫理について考えるとき、医学や薬学・遺伝子工学といった分野について明るいだけでは難しく、心理学や哲学・社会学・法学など、広い視野をもって探求することが必要となります。また、ある考えについて100%正しい、あるいは間違っていると言い切ることができないのが生命倫理であるため、多くの人の意見を尊重することが不可欠となります。

近年、再生医療や生殖技術などの発展は目覚しく、これまで通りの生命への認識だけでは解決できない問題も出てきています。クローン作製や臓器移植・尊厳死・延命治療・出生前診断・中絶・遺伝子診断などの問題が、例として挙げられます。

その中でも、遺伝子診断や出生前診断など、身近なところで生命倫理を問われる機会が増えています。遺伝子について素人である一般の人たちが、自分の身体の問題や自分の子どもの命の操作に関して選択し、決定しなければならなくなってきました。各々の選択の意味は非常に重く、個人だけでなく、社会的にも大きな意味を持ちます。

インフォームド・コンセント

患者が治療を受ける際、医師は患者に十分な説明を行い、患者は医師から説明された情報を基に、治療内容を自己決定する権利を持っています。

また、治験に参加する際には、治験の内容について十分な説明が行われなければならず、協力者の自由意思によって参加が表明され、またいつでも参加の意思を撤回できることになっています。このように、十分な説明の上で、与えられた情報について承諾する行為を、インフォームド・コンセントといいます。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

生命倫理を考えるとき、遺伝子診断や出生前診断など、生命に関する技術を利用することの意味を十分に理解し、納得いく意思決定を行うためには、インフォームド・コンセントが欠かせません。医療従事者は、十分な情報提供を行うだけでなく、その人やその人の家族にとって最適と考えられる選択ができるよう、中立な立場を保つことが求められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加