助産師|看護師用語集

助産師は、分娩の介助や妊産婦・新生児の援助、女性のライフステージに合わせた保健指導などにあたる専門職です。保健師助産師看護師法により規定されており、助産師は女性だけに取得が認められた国家資格です。

助産師の活躍の場

助産師の多くは、病院や産婦人科医院などの医療機関で働いています。中には保健センターや市役所に所属する助産師もいます。助産所に勤務する助産師は少ないですが、助産所や自宅での出産の介助や妊婦健診、乳房ケア、出産準備クラス、育児サークルの支援などを行っています。

助産所での出産の介助は正常分娩に限られ、出産に関連して母子に異常が伴う場合には、病院での診察を促したり、場合によっては救急搬送の手配をしたりするなど、冷静で的確な判断が必要となります。助産師は、助産所を開業する権利を有するため、起業することも可能です。

ただ、日本では少子化が進んでおり、出産数が減少しています。そのため、助産師が分娩を介助する機会は減ってきています。そして、助産師や産婦人科医院の中には、出産件数の減少により閉鎖するところも出てきています。

助産師の役割とは

助産師の一番大きな仕事といえば、やはり出産の介助です。母体が持つ「生む力」を最大限引き出せるよう援助します。楽な呼吸法や姿勢を伝えたり、不安を軽減するよう声掛けをしたりしながら、心身共に支えていきます。
また、妊娠中の体の変化や、出産に向けて生活全般に目を向けられるよう働きかけたり、赤ちゃんを迎える準備についてアドバイスしたりします。

出産後は母体の状態に気を配るとともに、赤ちゃんの健康状態や吸啜状態を見たりして、必要な指導やケアを行います。沐浴の仕方など、育児のアドバイスも行います。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

出産という生命を繋いでいく現場に立ち会う職業だからこそ、助産師は命の尊さを人一倍感じているのかもしれません。その経験を活かし、女性の性の悩みや発達段階に応じた生の問題にも関わっていきます。生涯を通じての女性のよき相談相手になれるのが助産師です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加