企業看護師|看護師用語集

企業看護師とは、企業の職員の健康管理や安全衛生に取り組む看護師のことで、医務室や健康管理室で働く場合や、企業の人事関係の部署などに所属して働く場合があります。産業医や企業保健師と連携し、定期健康診断の準備や実施・受診データの管理・健康指導・職場巡視・メンタルヘルス対策などを行います。

職場の健康問題

日本人の生活習慣の変化などにより、近年、メタボリックシンドロームや生活習慣病の有病者・予備軍が増加しています。平成20年4月からは、特定健診・特定保健指導が始まり、企業健診でも導入されるようになりました。特定保健指導は医師・保健師・管理栄養士を中心にして行われ、看護師の場合、保健指導に関する一定の実務経験を有する者については、平成29年度末まで保健指導に従事することができるとされています。ただ、その後の看護師の扱いは未定で、動向を見守っていく必要があります。

また、一方で重要なのは、メンタルヘルス対策です。うつ病を発症したり、職場に適応できないなどの理由で休職したり、退職したりする人が増えています。また、場合によっては自殺につながるなど、深刻な問題に発展することもあります。企業は職員への安全配慮義務を負っており、企業としてそれらの兆候にいち早く気付き、未然に防ぐ努力をしなければなりません。そのときに重要な役割を果たすのは、企業看護師です。

企業看護師になるには

企業看護師になるのに特別な資格は必要なく、看護師免許があれば働くことはできます。しかし、医療設備の整っていない企業内で、急病人やけが人が発生したときには素早く的確な判断ができなければならず、病院等で一定の経験を積んでから企業に転職する人もいます。また、産業保健の分野は保健師が中心となっているところが多く、看護師が企業に就職するには、狭き門を通らなければならないところも多いようです。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

平成27年12月からは、従業員50人以上の全ての事業場にストレスチェックが義務付けられ、看護師がその実施者になるためには法定研修を受講しなければならないことになっています。ストレスチェックへの対応は、企業看護師として重要な業務の一つとなっていくでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加