看護学|看護師用語集

看護学は、赤ちゃんからお年寄りまで、全ての発達段階における人を対象とし、健康上の問題について身体面・精神面・社会面などから捉え、患者がそれらの問題を解決する過程を支援し、その人らしく生きるためにどのように援助していくのが望ましいかを追求する学問です。

看護とは

看護は、健康上の問題の治療・解決過程に関わり、身体面だけでなく、生活環境や家庭環境など、その人の精神面・社会面も捉えていく必要があります。その上で個別性や人間性を尊重し、QOLの向上を目指します。そのためには、その人をあらゆる角度から見つめ、全人的な看護の展開を考えていかなければなりません。人間について理解し、科学的根拠に基づく看護理論と看護技術が欠かせません。

実際に看護学を学ぶにあたっては、机上の勉強や学内演習だけでは不十分で、実際の患者を前に、現実の身体状況・精神状況を捉え、互いに向き合わなければなりません。患者も看護師も人間であり、人間と人間とが向き合って、よりよく生きることを考えていくことが重要です。

看護学は、これらの経験を通して、人間とは何か・看護とは何かを見つめていく学問であり、理論と実践が伴って初めて成り立つものであるといえます。

看護学の研究分野について

看護学の研究分野は細かく分かれており、看護の基盤となる部分について考える基礎看護学、成人の看護を中心に追求する成人看護学、その他に小児看護学・母性看護学・老年看護学・精神看護学などがあります。また、地域社会の健康問題について考える地域看護学や、在宅療養でのケアについて取り組む在宅看護学などもあります。

大地震や風水害・人災などにより甚大な被害が出た場合に必要となる災害看護学や、世界の中で最低限の医療が受けられずに命を落としたり、緊急に医療を必要としたりする人達について、看護をグローバルな視野で研究する国際看護学など、看護学の幅は広がっています。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

これらの看護学を研究する基礎として、解剖生理学や薬理学・病理学・社会福祉学・法学などを学んでおく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加