医療事務代行|看護師用語集

医療事務代行とは、医療事務に関連する代行事業のことで、受付業務からレセプト作成など、様々な医療事務に関わります。

医療事務代行サービスは、受付業務・料金の徴収・保険請求・クラーク業務・病歴管理など、実に幅広い内容をカバーしており、病院や薬局などを対象にサービスが提供されます。特に、医療機関が作成しなくてはならない膨大な書類に関しては、業務を代行することにより、診断書や介護保険関係書類・保険請求関係書類など、多くの書類の作成に対応し、医療従事者の負担を軽減します。

医療事務代行は医療機関の中で働いていますが、雇用主は代行業者になります。

なぜ外部委託するのか

医療事務の外部委託は大規模な病院ほど多く、クリニックや調剤薬局については外部には依頼せずに、受付や看護師といった内部のスタッフが料金徴収などの医療事務を行う傾向にあります。

医療事務代行の利用が増えてきた理由として、医療関連業務の効率化や合理化を目指す目的で、医療制度の大幅な改革が2年に1度のペースで実施されていることが挙げられます。

日本は高齢化社会となり、医療機関を利用する人が増えています。医師や看護師は診察や医療的処置などに大幅な時間を費やすことになり、書類作成のような事務作業にまで手が回りません。それらの業務をスムーズに処理し、医療機関の運営を円滑に進めるためにも、医療事務代行は活躍します。

医療事務をする上で求められること

医療事務代行は、書類作成や受付など幅広い業務を担うことから、様々な対応能力が求められます。

受付業務では、主な対象は患者やその家族です。人と接し、病院の顔ともなる受付業務では、高いコミュニケーション能力が必要となります。また、病院に不慣れな人や、耳の遠い高齢者などに対応していくため、柔軟性も求められます。

医療事務代行に欠かせない業務の一つに、書類作成があります。そのため、パソコンのスキルは必須条件ともいえます。また、書類作成等で業務上知り得た患者の情報は、秘密保持の観点から他人へ漏らすことは厳禁です。実にデリケートな情報を扱っており、個人情報関連書類の紛失や漏洩には、細心の注意が必要です。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

医療技術が発展し、複雑・高度化する中で、多くの書類の作成や患者対応など、医療事務業務も非常に忙しくなってきています。患者に最適な医療サービスを提供するためにも、医療事務代行を利用することは有効です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加