ケアマネージャー|看護師用語集

ケアマネージャーとは介護支援専門員のことで、介護保険制度が始まるのに伴い、2000年に新しく作られた資格です。ケアマネージャーは、介護保険の対象となる人々に対し、必要なケアを見極め、その人に適した社会資源が活用できるようコーディネートしていきます。

ケアマネージャーの役割とは

ケアマネージャーは、介護サービス全般に関する専門職で、ケアを必要とする人が最適な援助を受けられるようにコーディネートし、マネジメントをする仕事です。介護保険制度の対象者について、社会資源を必要とする人やその家族と介護サービスを提供する施設とを橋渡しするのが、ケアマネージャーです。

ケアマネージャーは介護保険対象者に対し、まずはその人に合ったケアプランを作成し、どのような社会資源があるのか、その人が利用できる社会資源は何かといった情報を提供したり、相談にのったりします。その上で、ケアを必要とする人と介護施設とをつなぐのです。

要介護認定

要介護認定とは、介護支援がどの程度必要な状態かを判断し、その程度を認定することをいい、ケアマネージャーは介護保険認定調査員として要介護認定を行うこともあります。

医師・看護師・社会福祉士・精神保健福祉士なども介護保険認定調査員として介護認定に関わることはできますが、ケアマネージャーが介護全般について熟知していることから、もっとも適任だともいわれています。

介護認定申請のあった人やその家族を訪ね、身体的・精神的状態が日常生活にどの程度影響を及ぼしているのかを判定します。介護度に応じてケアプランが作成され、介護支援を受けることになります。

ケアマネージャーになるには

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

看護師がケアマネージャーを目指す場合、受験資格として5年以上・通算900日以上の実務経験が必要で、介護支援専門員実務研修受講試験に合格しなければなりません。その他、国家資格の所有の有無や種類によっても受験資格の条件は変わってきますが、国家資格がなくても、ある一定期間以上の相談・介護業務の経験があれば、資格試験を受験することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加