MR (Medical Representative)|看護師用語集

MR(Medical Representative)とは医療情報担当者のことで、医療従事者に対し、病院などを訪問して正しい医薬品の使用方法等の情報を提供したり、医療従事者からの医薬品に対する意見を聴取したりして、それを製薬会社に報告したりする業務を行う人のことをいいます。

MRの業務内容とは

MRは、自社製品を中心とした医薬品の情報を、医師や歯科医師・薬剤師・看護師などの医療従事者に提供し、医薬品の適正な使用方法を伝えたり、その医薬品の有効性や安全性の情報を医療現場から集めたりして、製薬会社に報告します。MRは製薬会社の営業部門に所属し、自社製品についての情報を伝える仕事を行いますが、具体的に販売交渉を行うわけではありません。

自社製品の緊急を要する安全情報を医療従事者に伝達したり、医療機関から得られた情報を基に、製薬会社で改善が行われた内容をフィードバックしたりすることもあります。MRは、医薬部外品や一般用医薬品(OTC医薬品)は取り扱いません。

病院へ直行直帰したり、一人で考え、行動したりしなければならない場面の多いMRには、自己管理能力が必要となります。

MRになるためには

MRとして働くためには、MR認定証を取得することが一般的です。国家資格などではないため、認定証を取らなくてもMRとして働けないわけではありませんが、製薬会社では認定証取得のための受験を課しているところがほとんどで、MRとして働く上でMR認定証を取ることは、ごく当たり前になっています。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

MR認定証取得のための受験資格を得るには、製薬会社かMRの派遣を行うCSOにおいて導入教育を受講するか、公益財団法人MR認定センターが認定した教育研修施設で基礎教育を受講することで、受験資格が得られます。ただし、教育研修施設で基礎教育を受け、受験資格を得た場合は、認定試験合格後に製薬会社かCSOに入社し、実務教育と実務経験を一定期間積まないとMR認定証を取得できないことになっています。また、認定証を取得してからも、5年に1回は認定証を更新する必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加