CRA (Clinical Research Associate)|看護師用語集

CRA(Clinical Research Associate)とは、臨床開発モニター治験モニターのことで、臨床開発業務の代行やサポートを行います。CRAの手がける代行やサポートには、治験の契約やCRFの回収・確認、治験が法令に則って行われているかどうかの監視、その他治験に関連する諸手続きなどが含まれます。

CRAになるには

CRAになるための、特別な資格はありません。ただ、実際にCRAとして働いている人の多くは、薬剤師や看護師・臨床検査技師・MRなど、医療関係の資格を持っています。CRAとして働く上で、医学的知識や治験に関する知識・医療機関についての理解が必要だからです。そのため、これらの資格を持っている人については、未経験であってもCRAとして積極的に採用を行っているところも多いようです。

臨床経験があれば、さらに歓迎されるでしょう。特に、中でも薬剤師に資格を持つ人が多いようです。また、看護師は生活習慣病や慢性疾患・癌のような重い疾患まで、幅広い疾患の治験に対応できるため、CRAに向いているとも言われています。

CRAに求められること

医療関係の資格を持っている人が多いCRAですが、業務を遂行する上で医療行為は必要ありません。病院や医師などを相手にするため、対人業務や書類の作成・取り扱いなどにも長けていることが望まれます。また、新薬開発のための治験に関わるため、薬剤の知識も求められます。

CRAは、医療機器メーカーや製薬会社の他、CRO(医薬品開発業務受託機関)にも多く在籍しており、CRAの育成に力を入れるところが増えています。新薬開発や治験に興味のある人にとって、CRAとして働くことは、キャリアアップにつながるでしょう。

最近では、治験が国際的なプロジェクトとして行われることが増えています。そのため、CRAにも英語のスキルが求められることも多くなっているようです。紙上だけでなく、実際にコミュニケーションツールとして使いこなせる英語力が試されます。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

また、CRAは残業や出張が多く、それに耐えられるだけの体力や気力、フットワークの軽さが求められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加