エンジェルメイク|看護師用語集

エンジェルメイクとは、看護師が行う死後の処置の一つで、死化粧のことを指します。病院で最期を迎えた患者に対して行う、最後の看護行為ともいわれます。

死化粧を施された顔は、亡くなった方のご家族の心にいつまでも残ることを考えると、大切な看護の一つと捉えることができます。

エンジェルメイクはなぜ行われるのか

エンジェルメイクは、生前のその人らしさを表現したり、顔をきれいに見せたりするためだけに行われるものではありません。ご家族の希望にもよりますが、エンジェルケアにご家族が参加することによって、死を受容しやすくなるともいわれており、グリーフケアの観点においても大きな意味があります。グリーフケアは悲嘆ケアとも呼ばれ、大切な人との死別により悲嘆に暮れている人に対し、その悲しみに寄り添い、支援することをいいます。

ご家族が死を受け止めるためには、心の準備をする時間が必要です。エンジェルメイクを行う中で、ご遺体に話しかける、体や髪に触れる、顔を見つめる、亡くなった人との時間を共有する、といった行為を自然に行うことができ、これらの行為を通して、亡くなった人とご家族との距離を近づけることができます。

死後の処置は他にもある

看護師が行う死後の処置は他にもあります。使用していた医療機器をはずし、全身の清拭、口腔ケア、血液や滲出液・排泄物に関する処置、着替えなどが行われます。着替えについては、生前本人が好んでいた服やご家族が着せてあげたいと願う服などがあれば、希望に添えるようにします。

血液や滲出液・排泄物に関する処置については、感染予防の意味においても重要です。ご遺体の血液や体液・排泄物が漏れ出ることによって、接触感染など、周囲の人への感染を引き起こす可能性があります。創傷部位だけでなく、口腔や鼻腔・注射痕・毛穴などからも体液等が漏出することが考えられ、感染のリスクを低減させるために、スタンダードプリコーションに基づいた予防策が必要となります。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

また、ご家族がエンジェルケアに参加する・参加しないに関わらず、亡くなった方とのお別れの時間を持つことができるよう配慮することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加