日勤(昼勤・デイシフト)|看護師用語集

病院に勤務している看護師の勤務形態には、主に3交替制と2交替制があります。
3交替制は24時間を3つの時間帯に分け、日勤・準夜勤・深夜勤としたもの、2交替制は日勤・夜勤の2つの時間帯に分けられます。3交替制の場合は、8時半から17時半頃の時間帯が、日勤の看護師の就業時間になります。

日勤看護師のスケジュール

3交替制の場合、深夜勤と日勤とで重なっている時間帯に、夜間の患者の様子について申し送りが行われます。終業時も同様で、準夜勤の看護師へ、勤務時間が重なっている部分で日中の患者の様子や新しい入院患者のことなどを申し送ります。
勤務時間が始まると、申し送りやカルテの内容をもとに情報収集を行ったあと、受け持ち患者のところへ向かいます。病室では、血圧や体温などのバイタルサイン測定を行い、点滴の交換を行ったり、入浴や検査等のその日のスケジュールを患者と確認し合ったりします。また、換気やベッドメーキング・掃除など、患者が心地よく過ごせるよう環境整備も行われます。
患者の観察を行いながら、入浴や清拭などの清潔の援助、食事の介助、薬の管理、採血などの検査、病室以外での検査への付き添い、回診の介助など、看護師の業務は幅広くあります。
新しく入院患者が来ることもあるため、その患者に病棟内を案内したり、入院生活について説明したりすることもあります。
次の勤務帯の看護師への申し送りが終わり、カルテへの記録が済むと、その日の業務は終了となります。

日勤だけのメリット・デメリット

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

クリニックや介護施設の中には、勤務するのは日勤帯だけ、というところもあります。日勤だけなので、当然夜勤はなく、生活が不規則になる心配がありません。家庭を持ちながら働く場合、家事や育児との両立もしやすくなります。
ただ、日勤だけだと夜勤手当が入らず、また毎朝早起きして出勤しなければなりません。場合によっては時間帯が通勤ラッシュと重なり、混み合った電車やバスに乗って通勤しなければならず、それだけでも体力が消耗します。
看護師の働き方は多種多様です。選択肢が広いからこそ、自分に合った働き方を見つけることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加