飛び込み出産|看護師用語集

妊娠しても産婦人科を受診せず、出産直前に突然病院に来て出産に至るケースは、飛び込み出産と呼ばれます。飛び込み出産する母親は、子どもへの愛着が薄い傾向にあるといわれており、児童虐待に結びつく可能性があるとも指摘され、国や行政においても問題視されています。

なぜ出産直前まで受診しないのか

飛び込み出産をする妊婦が、出産直前まで産婦人科を受診しない理由は様々です。経済的な理由で診察料や検査料を払うことができない・妊娠は病気じゃないから病院には行かなくていいと考えている・未成年や未婚などであるがために妊娠を周囲に告げられず、どうしていいのかわからないまま臨月を迎えてしまった等、多様なケースが考えられます。

飛び込み出産のリスクとは

妊娠すると、定期的に産婦人科を受診することになり、そのことが妊娠・出産にかかる異常の早期発見や予防に役立てられます。ところが、飛び込み出産では妊娠の経過が把握できず、胎児の状態もわかりません。母子手帳すら持っていないために予定日もわからず、母体の既往歴や感染症の有無も不明であり、病院に到着してから母子の情報収集にあたるため、異常が見つかっても対処が遅れ、母子共に命の危険につながるケースが出てきます。
また、飛び込み出産のリスクは、母子だけにあるわけではありません。貧困が背景にあって経済的事情で受診していなかったケースになると、出産費用を払ってもらえないという経営上のリスクも考えられます。

出産には危険がつきもの

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

出産は大昔から行われてきた自然な行為ではありますが、一方で命を落とすこともあるなど、危険がつきものです。妊娠の経過を順調にたどってきた人でも、いざ出産となると急変することもあるのです。
自治体によっては、無料で妊娠・出産についての相談ができる機関を設けているところがあります。その他、自治体によって金額は異なりますが、妊婦健診の補助金制度が利用できる場合もあり、広く妊娠・出産に関する知識を普及させることも、飛び込み出産を減らす上で重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加