病院コンサルタント|看護師用語集

病院コンサルタントは、病院や診療所・クリニックといった医療機関の開業支援や経営改善、経営指導、人材育成などを行います。医療施設の経営に関して、客観的に現状を把握し、問題点があればそれを指摘したり、原因を分析したり、対応策を提示するなどし、現状改善を目指します。

開業を成功させるために

医師が独立してクリニックや診療所を旗揚げするには、医療技術や医学的知識があるだけでは成り立ちません。本来、病院経営には十分なマーケティング戦略が必要となりますが、医師は経営のエキスパートではないため、診察などの医療業務に専念するためには誰かの助けが必要となります。そこで登場するのが病院コンサルタントです。
病院コンサルタントは、開業のための事業計画や資金計画、開業エリアの選定、人材確保などを手がける他、開業後の経営診断、経営改善のためのアドバイスも行います。
最近では、都市部などの一部地域ではクリニックが過剰となり、新規参入は難しいところもあるようです。また、病院の経営状況は外からはわかりにくいため、経営の実態を客観視するのは難しく、問題点に気がつかないまま経営改善の機会を逃してしまう可能性もあり、病院コンサルタントのサポートを受けることは有効な手段となります。

患者も職員も満足できる病院を

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

患者が安心し、納得のいく医療を提供されるためには、医療機関で働く職員のモチベーションや職場への満足度が大きく関わるところといえます。納得のいく医療を提供された患者は、体調が優れなくなったときには、再びその病院を選ぶでしょう。職員が気持ちよく働き、患者が心地よい接遇・医療を受けられることが、病院経営を成功に導く上での鍵となります。
また、クリニックや病院経営は、近隣の病院や薬局・介護施設などとの関係性も重要です。各病院やクリニックは、地域で果たすべき役割を認識し、地域から何を望まれているのかを把握しなければなりません。
病院コンサルタントは、経営の現実と理想とのギャップを埋め、健全な医療機関の経営を目指します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加