訪問看護師|看護師用語集

訪問看護師とは、在宅療養している患者の各家庭を訪問し、患者に医療的ケアや生活の援助を行ったり、患者や家族に保健指導を行ったりする看護師を指します。基本的に訪問は看護師が一人で行う場合が多く、豊富な経験と知識が求められます。

在宅医療

患者本人からの自宅での療養を希望する声や、医療費削減のための在院日数の短縮化などにより、在宅療養する患者は増えています。独居のため、家族による介護を受けられない人も多く、また医療の専門家が常駐しない在宅療養においては、療養上の不安も多くなるため、在宅療養を支える訪問看護は社会的意義も大きく、訪問看護師のニーズは高まっています。

訪問看護師に求めること

訪問看護師が患者を訪ねると、全身状態の観察やバイタルサインの測定・褥瘡のケア・清拭・排泄の介助・注射や点滴・人工呼吸器等の機器の管理などを行います。訪問看護は病院とは異なり、医療機器は充実しておらず、不測の事態があってもその場ですぐに医師と連携することも難しいため、訪問看護師には冷静で的確な洞察力や判断力・柔軟性・高い専門性が要求されます。また、一日に何件もの家庭を回るため、限られた時間の中で様々なケアを行わなければなりません。他に医療関係者がいないところで看護を行うため、プレッシャーを感じることもあるかもしれません。また、患者だけでなく、家族とのコミュニケーションを図る力も必要となります。
大変な仕事ではありますが、看護師としての能力を遺憾なく発揮できる、やりがいのある仕事であるともいえます。

訪問看護師になるには

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

訪問看護師を目指すには、看護師免許の取得が必須です。看護師免許があれば、基本的には訪問看護を行うことはできますが、看護・医療の高い専門性が求められる仕事なので、看護師としてある一定の経験を積んでおくほうが、自信を持って業務に取り組むことができるでしょう。訪問看護における看護師不足解消や専門性を高めるため、訪問看護研修を行っている地方自治体もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加