養護教諭|看護師用語集

養護教諭は、小学校・中学校・高等学校・盲学校・ろう学校・養護学校において、児童や生徒の健康管理や保健教育を行う専門職です。いわゆる「保健室の先生」にあたります。ヘルスプロモーションの理念に基づき、児童・生徒の発育・発達を支援し、生徒たちの病気や怪我の応急処置の他、身体検査・衛生管理・健康だよりの発行など、児童・生徒の健康を守るための健康教育や健康管理業務を行います。
家庭の問題や友人関係など、様々な悩みを持つ児童・生徒の相談にのったり、教室への登校が難しく、保健室に登校してくる生徒の対応にあたったりすることもあります。また、担任や家庭・学校糸の連毛を図る役割も担います。

養護教諭になるには

養護教諭になるためには、養護教諭免許(専修・一種・二種のいずれか)の国家資格の取得が必要です。しかし、免許を取得しただけでは、養護教諭として働くことはできません。
実際に養護教諭として働くには、各自治体の教員採用試験や私立の学校の採用試験を受け、採用される必要があります。

免許取得のルートは様々

4年制大学(教員養成系大学の養護教諭養成課程など)で所定の単位を修得すると一種免許が、短期大学(看護教諭養成課程のある短大など)で所定の単位を修得すると二種免許が取得できます。
また、保健師の免許を持ち、所定の単位を修得すると二種免許を取得することができます。
看護師が養護教諭を目指す場合、養護教諭一種免許を取得できる「養護教諭特別別科」を設けている国立大学へ進むルートもあります。

保健室登校と養護教諭

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

教室への登校が困難な児童・生徒が、教室へ復帰するまでの足がかりとして、保健室登校をするケースがあります。その際、養護教諭の果たす役割は大きく、生徒の居場所づくりやメンタル面でのケア、保護者や担任・スクールカウンセラーなどとの連携も必要となります。養護教諭は、生徒が保健室で安心して過ごすことができるような環境づくりを心がけ、保健室まで登校できるようになったことを認め、自信を持たせるような関わりをしていくことが大切です。生徒と養護教諭の信頼関係は、非常に重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加