理学療法士|看護師用語集

理学療法士は、身体機能・運動についての専門的な知識を持ち、運動指導を行ったり、マッサージや電気刺激などの物理的刺激を用いたりして、基本的動作の機能回復をサポートする専門職です。コメディカルの一員であり、作業療法士や言語聴覚士と共に、リハビリテーションを行う上で重要な役割を果たします。

リハビリテーション

理学療法士は、治療計画をもとに、一人ひとりの患者に応じたリハビリテーション(リハビリ)の計画立案・指導を行います。リハビリを行うことにより、座る・起きる・立つ・歩くといった日常生活を行う上での基本的動作能力の回復・機能維持を図ります。身体動作・運動についての専門的知識をもとにリハビリを行うことから、理学療法士は動作の専門家とも呼ばれます。
リハビリは治療計画の一環に含まれますが、その中には患者自身の希望や判断が反映されなければなりません。患者や家族、意思などの医療関係者との意思疎通を図りながら、リハビリを実施していくことが求められます。

理学療法士になるためには

理学療法士になるためには、国家試験に合格しなければなりません。理学療法士の国家試験受験資格を得るには、理学療法士の養成学校に入学し、3年あるいは4年、専門の教育を受けるのが一般的です。養成所には、4年制大学・3年制の短期大学・専門学校(3年制・4年制)・視覚障害者が対象の特別支援学校があります。作業療法士などの資格を持っている場合、2年過程の養成所を卒業すれば、理学療法士の受験資格を得ることができます。

理学療法士の活躍の場

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

理学療法士は、病院やクリニック・介護関連施設等で働いています。スポーツリハビリの分野において、スポーツ選手をサポートする理学療法士もいます。病院の中では、専用の運動スペースのある場所だけでなく、廊下や病室、ベッド上でもリハビリは行われ、理学療法士が運動機能回復のサポートを行っています。また、患者の自宅を訪問してリハビリを行う理学療法士もいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加