腰痛に悩む看護師さんへ。今からできる腰痛予防となってしまった場合の対策

看護師の中でも多くの方が腰痛に悩まされています。看護師の職業病の一つとも言われているのが腰痛です。できる事なら腰痛になりたくないですよね。また、なってしまった時の対処方法を知りたいと思っている方もいらっしゃいます。

今回は、腰痛の予防方法と腰痛になってしまった時の対策についてです。

腰痛になった事のない人は必見!腰痛になったら大変

腰痛になった事のある人は、腰痛になればどれだけ不便で大変であるか解ると思いますが、今まで腰痛とは無縁だだった方は腰痛になつたら大変と言われてもあまりピンときませんよね。

健康な時には、なんともない事も病気や怪我になってしまうと、やはり「健康が一番だな」と思うのは皆さん同じだと思います。

腰痛になった事のない人は、「私は腰痛になんてならないから大丈夫!」と思っていませんか?それは、大きな勘違いです。腰痛は看護師の誰もが起こる可能性のある症状の一つです。なぜ看護師に多いのでしょうか?

看護師の業務のほとんどが、患者さんへの援助です。そのため、相手に合わせた姿勢をとらなければいけないため無理な姿勢をとる機会が多いからです。では、どのような時に起こる可能性があるのでしょうか?

よくあるのが、病棟勤務の場合です。ベット上に寝ている患者さんの体位変換や更衣、おむつ交換を1人で行っていませんか?また、ベットの高さを調整せずにそのままの高さでしていませんか ?

この他にも、車椅子からベッドへの移乗ですが体重が重い人や体の大きい人の介助はとても大変ですよね。「これくらいなら大丈夫!」「1人でできるし!」「周りのスタッフも忙しそうだし」といって無理に続けていると、腰痛になってしまう可能性が高くなります。

無理な姿勢で力を入れる事で腰に負担がかかり腰痛症となってしまいます。

腰痛になったら何が大変?

腰痛に簡単になってしまうのは解ったけど何が大変なの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。腰痛になっしまうと、仕事だけではなく日常生活動作も不便になってきます。

例えば、ずっと座っとく立っておくなどの同一体位を取る事が困難となります。そして、立ち上がり、起き上がりなども自分でスムーズに行う事はできません。

仕事の際にも、今まで1人で出来ていた患者さんの介助も1人で行う事ができなくなります。そんな事になったら大変ですよね。

私自身も、自分が腰痛症を患うまでは無理な姿勢で業務をこなしていました。ある日、小柄のおばあちゃんをベット上で体位変換しようとした際に腰に違和感を感じました。

なんかいつも違うけど、大丈夫だろうと思っていました。ですが腰の痛みはましにはならず、どんどん強くなっていきました。耐える事ができなくなったので、病院を受診しましたがレントゲンでは問題ありませんでした。

結果、痛み止めと湿布を貰っただけです。それから、何か少しでも腰に負担をかけてしまえば、すぐに腰痛になるようになりました。腰痛症は完全に治る事ができないため出来る限る再発しないように心がけなければいけません。

やはり、健康が一番ですよね。1つでも、体の痛みがあるという事は不便でなりません。また、これくらいなら大丈夫と勝手に思っていたのが全ての間違いでした。こんなにも簡単に腰痛症になるのが解っていれば気をつけていたのにと今更ながら思います。

看護師の方の腰痛予防方法

あなたは、どのような姿勢でよく仕事をしていますか?やはり、ベットサイドでの介助が多い看護師の仕事は中腰の姿勢での業務がとても多いですよね。そのため、腰痛に悩まされる看護師の方が多くいらっしゃいます。

では、自分でできる腰痛の予防方法についてです。

予防/再発防止
1.腰を曲げて作業をしない。かがむ時は膝から。
2.体交の時はボディメカニクスを駆使。
3.高身長、高体重の患者の介助は1人でしない。
4.腹筋と背筋をして筋力を維持。
5.骨盤ベルト、コルセットを使用。
6.猫背など日頃の姿勢にも注意。
7.腰痛体操やストレッチをする。
8.椅子や寝具(ベッド、枕)は体に合う物を。
やっていないものがあればお試しください。

引用:http://nurse-senka.jp/contents/mall/212221/

どうでしょうか?あなたは、この中に挙げている項目を全てしていますか?なかなか、全てを徹底する事は難しいですよね。ですが、1つでも多くの項目を行う事で腰痛を予防する事ができます。

特に新人の頃教えてもらっていたボディメカニクスをきちんとする事で腰への負担を軽減し腰痛症を予防する事ができます。また、看護師自身の負担が少ないという事は、患者さんへの負担も少ないという事です。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

お互いが安全で安楽な姿勢を保持するためにも、現場では工夫しながらケアを行い、予防のできる事は、自分で心がけて予防しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加