うつ病になる前に。看護師がやっておきたいメンタルケア

あなたは、精神的におちついた上で看護師の業務をこなす事が出来ていますか?自分自身のメンタルが弱っていてもなかなか人に打ち明けることが出来ず胸に秘めている方も多いのではないでしょうか?

ですが、そのような事をしていると精神的に負担がかかり、うつ病を発症してしまう事もあります。そんな事になったら大変ですよね。うつ病になる前にやっておきたいメンタルケアについてです。

【看護師転職】看護師が登録すべき転職エージェントと年収条件アップ成功までの使い倒し術、徹底まとめ

実は、看護師のうつ病の発症率は多いって本当?

どれくらい確率でうつ病を発症すると思いますか?看護師のうちのうつ病を発症するのは約5%であると言われています。これを多いと思いますか?少ないと思いますか?

20人に1人はうつ病を発症するという事は、病棟勤務の場合でしたら1病棟に1人〜2人はうつ病を発症するという計算です。やはり多いですよね。それだけ、精神的に負担を感じやすいのです。

では、看護師の仕事はそれほどまでに負担がかかるのか?と思いますよね。どんな事で精神的に負担がかかってくるのかをご説明していきたいと思います。

看護師が精神的に負担を感じるのはどんな時?

看護師が精神的に負担を感じ原因ですが、幾つかあります。1つは、人の生命に携わる仕事だからこその緊迫感です。急性期から療養期まで様々な状態の方と関わるわけですが、どのようなじょうたいであっても生命に関わる業務ですよね。

特に、急性期の場合でしたら1分1秒も許す事ができなかったり、少しでも判断が遅れてしまう事で重症化してしまう事があります。また、人の死を見る事は普通あまりありませんよね。

ですが、看護師はたくさんの死を見ていかなければいけません。よく、「人の死になれるんでしょ?」と看護師以外の人に言われたりもしますがなれる事はありません。

やはり毎回毎回悲しいですし、何かもっと出来たのではないか?と自分を責める事もあります。人の死を何回も直面する事はやはり、精神的な負担が大きいです。

次に多く負担がかかるのは、人間関係の問題です。看護師のほとんどが女性で職場も女の園ですよね。そうなると、よく起こるのがイジメなどの人間関係の問題です。

昔は、対立などもあり、Aさん派かBさん派かのどちらかに付かなければいけないという事もありました。1人でも職場に男性がいれば少しは変わるのですが、まだまだ男性看護師が少ないのが現状です。

人間関係の問題は看護師同士だけではありません。医師をはじめとする、医療従事者との関係や患者さんやその家族とのトラブルなど様々な問題があります。

この人間関係で悩み、精神的に不安定となりそして、うつ病を発症してしまう方が多いです。特に新人看護師の場合です。最近の新人教育では、新人を怒ったりしてはいけないと言われます。

今の新人の人たちは、ゆとり教育で怒られる事に慣れておらず怒られる事で萎縮したり、精神的な負担から立ち上がれず仕事を辞めてしまうという人が多いのです。

メンタルケアって必要なの?

メンタルケアする事って必要なの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。健康でいるためには体力をつければ良いという訳ではなく精神面もきちんと健康に保たなければいけません。

そのために、メンタルケアを行う必要があります。

職場でのメンタルケアの必要性

仕事での心理的なストレスが過度にあると、心身ともに異常をきたし、仕事にも影響が出てきます。実際、不眠に悩み睡眠薬を常用していたり、うつ状態になる看護師も多いという声が聞かれます。心のケアのために休日返上で心療内科に通ったりする人もいると思いますが、セルフケアのための負担(経済的なものも含めて)を考えると、職場でメンタル面をケア、サポートしてくれる体制を整えることが早急に望まれるのではないでしょうか。企業や学校でもメンタルケアのための保健師が配置される時代です。病院内でのメンタルサポート体制をぜひ作ってもらいたいものです。

引用:http://nurse-working.com/prevention/mental_care.html

メンタルケアの方法ってどんな方法があるの?

メンタルケアをする事の大切さは解ったけど、メンタルケアの方法はどうすればいいの?と疑問に思いますよね。メンタルケアの方法についてお話ししていこうと思います。

人に頼らず一人で出来るメンタルケアはないの?と思う方もいますよね。一人でできる、メンタルケアのポイントです。まず、1つめは自分の心の声を聞くようにしてください。

今、自分自身が何をしたいのか?何に困っているのかゆっくり考えてください。2つめは。未来を楽しくイメージする事です。今の現状を考えて暗く落ち込んでいる方も、未来の楽しい自分をイメージしその明るい未来に目を向けて進んでください。

3つめは、自分の好きな事をして気分転換してください。好きな事は何でも構いません。買い物やカラオケ、友達との食事などや自分の趣味の時間を設ける事で嫌な事を忘れる事ができます。

色々試したけど、自分でどうしようもないときは、カウンセリングを受けてください。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

最近では、病院などの場合メンタルケアを行ってくれる精神科医や心理カウンセラーが在籍している職場もあります。誰にも相談できないし、病院にわざわざ行くのは嫌だと思う方は職場のメンタルケアを利用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加