看護師が抱える医師とのコミュニケーションの悩みと解決策

看護師の中でも医師とのコミュニケーションの取り方に悩まれている方も多いのではないでしょうか?特に新人看護師の場合、医師との関わり方が解らず悩む方もいらっしゃると思います。

うまく話したいけどどうすれば上手くコミュニケーションをとればいいのか知りたいかと思います。医師との上手くコミュニケーションを取る方法についてお話ししていこうと思います。

【看護師転職】看護師が登録すべき転職エージェントと年収条件アップ成功までの使い倒し術、徹底まとめ

医師と上手くコミュニケーションを取る方法は?

医師と上手くコミュニケーションをとるにはコツがあります。このコツを把握することで、医師とのコミュニケーションを上手く取ることができます。では、医師とのコミュニケーションのコツについてお話ししていこうと思います。

まず1つめは、話をする際には結論から話をしてください。医師はせっかちな方が多いため、ダラダラ話をされることを嫌う方が多いです。ですので、どのような話の内容であっても結論から話すようにしてください。

2つめは、医師のプライドを傷つけないようにすることです。プライドを傷つけないようにするにはどうすればいいのか?ということですが、医師の治療や方針などについて批判をしないことです。

何か、問題があっても批判的にいうのではなく、意見として提案してみるなど言い方を変えてください。あからさまに「違うと思います」なんて言うと医師の勘にさわってしまいます。

3つめは、コミュニケーションをとる際に医師にコミュニケーションを任せないことです。医師の多くはコミュニケーションを取ることが苦手です。ですので、医師任せにコミュニケーションをとると、うまくいきません。

その点、看護師はコミュニケーション能力が優れている方が多いです。医師へ話しかける時は、要点をまとめて話を、医師が話をしている時は聞き上手になってください。

そして、最後の一つです。

医師とのコミュニケーションの取り方のコツを3つご紹介しましたが、それでも、どうにも対処しようがない性格の医師はいるものです。そういう医師に対しては真に受けず、「こういう性格のひともいる」と割り切って、接するようにしましょう。

医療についての知識やスキルは医師の方が上でも、人とのコミュニケーションについてはあなたのほうが上です。おおらかな気持ちで接することもストレスをためないようにするためには必要です。

引用:http://kagayaki-nurse.jp/relation/504/

医師とのコミュニケーションって難しい?

医師とのコミュニケーションを取りにくいのは、医師という職業柄なのか?と思う方もいらっしゃるかもしれません。確かに、医師という職業柄もあるかもしれません。

その理由は、医師の多くは学生時代学業に専念している方が多いためコミュニケーションが苦手な方が多いのです。それに加えてプライドを高く持っているからです。

やはり、学業で競い合い、医師になったことは皆ができることではありませんので、プライドを高く持っていても仕方ないのかもしれません。

ほかにも、医師の業務である手術前後ではピリピリしています。そんな、ピリピリしている時にアタフタしながら要点のまとまっていない話を看護師にされると医師はイライラするのは当たり前ですよね。

医師に多い性格ってどんなの?

医師の性格をひとくくりにするのは難しいです。看護師の性格はこんな性格が多いと一言で表すのは難しいですよね。ですが、診療科によって医師のタイプが分けることはできます。

ですが、これに当てはまらないこともあるので参考程度に読んでください。まず、外科系の医師ですが、ハキハキしており要点をまとめて話さない、ミスをすると怒鳴る方が多です。とは言っても、普段は紳士な方が多いです。

外科系の中で細かく言うと、整形外科の医師は短気な方が多く、すぐにイライラされます。整形外科の医師は手術も行うのでピリピリしていることがあるからです。

心臓血管外科の医師は、俺様系の方が多く「俺の指示を聞け!」と手術中に怒鳴る方もいらっしゃいます。ですが、病院の外ではとても優しくなります。

内科系の医師は、優しい方が多いです。ですが、間違っていることには的確に指摘されます。また、優しいからといって医師に対して指摘すると逆鱗に触れてしまうことがあります。

優しいからといって、何でも発言していいという訳ではありませんので注意してください。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

精神科の医師は、変わった方が多いです。発言は、一方的で看護師の話はあまり聞いてくれません。ですので、医師の発言をうまく聞いてください。
このように、診療科によって医師のタイプが分かれています。医師の性格を見抜いてコミュニケーションを取ることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加