看護師の副業事情と、税金・解雇(クビ)など注意すべきポイント4選

常勤で働いているけど、副業しようか悩まれている方もいらっしゃると思います。看護師の副業と注意しておきたいポイントについてお話ししていこうと思います。

【看護師転職】看護師が登録すべき転職エージェントと年収条件アップ成功までの使い倒し術、徹底まとめ

看護師の方が副業を考える理由って何?

あなたは、何をきっかけで副業を考えるようになりましたか?看護師の方が副業を考えるようになる理由は大きく分けて2つあります。1つは、金銭的な理由です。

今のお給料だけだと満足がいかず、副業してお金を稼ごうと思雨かたが多いです。次に多いのが、常勤で働いてる職場だと年間休日が多く、時間に余裕があり、他にすることがないからという理由です。

やはり、金銭的な理由で転職を考える方が圧倒的に多いです。でも、なぜそこまで副業にこだわるのか?と思う方もいらっしゃいますよね。お金が欲しいのであれば、常勤雇用で給料のいいところを選べばいいのではないか?と思う方もいると思います。

ですが、副業で働くと時給が良いため、常勤で働いているお給料に加算されるとかなりのお金をいただくことができるのです。例えば、日勤で1日働くと1万2千円〜1万5千円、夜勤で働くと、1回3万円から5万円となっています。

これは、かなり高いですよね。一度この良さを知ってしまうとなかなかやめることができません。ですが、副業をするにあたって注意しておかなければいけないこともあります。

看護師の副業で注意しておかなければいけないこと〜税金〜

副業する際に注意しておかなければいけないこと、1つめは税金です。常勤雇用ではない働いていたら職場の事務の方がきちんと処理してくれるので、あなた自身何もしなくてもいいですよね。

ですが、副業していたらそういうわけにはいきません。金額によって異なりますが、確定申告や住民税を収めなければいけません。

副業での1年間(1月1日から12月31日まで)の給与所得が20万円を超えた場合は確定申告が必要ということです。1年間の副業の給与所得が20万円以下の人は、常勤の職場で年末調整をしていれば確定申告の必要はありません。

副業で20万円以上の給与所得がある人は、確定申告は義務になります。いくら常勤の職場で副業がOKでも、義務を怠っていつの間にか脱税をしていた。そして、それが職場にばれてしまったら、元も子もありません。

確定申告は毎年2月中旬から3月中旬の1ヶ月間、税務署またはインターネットを使って行うことができます。

引用:http://kango-world.com/nurse-sidejob

次に、住民税です。住民税も収入に応じて金額が変わってきます。これくらいほっておいても大丈夫と、たかをくくっていると後で大変なことになります。何が大変なのか?それは、常勤で働いている職場に副業をしていることが、ばれてしまいます。

副業している方の多くが、常勤で働いている職場に内緒にしていると思うので、ばれないようにする為に注意が必要です。普通、常勤雇用の場合特別徴収といい、お給料から天引きになっています。

それを、普通徴収に切り替え自分で収めれば、常勤で働いている職場にばれる事はありません。自分で税金を納めるさ際に気をつけなければいけないのが、忘れずに納めるようにする事です。

副業する際の注意しておかなければいけないこと〜職場の環境〜

副業する際に気をつけなければいけないのが、働く職場です。看護師の世界は横のつながりもある為、場合によっては副業していることが、常勤している職場にばれてしまう事もあります。

ばれないようにする為にも、働く場所には注意する必要があります。まず、常勤で働いている職場の近くでは絶対に副業しないでください。看護師だけではなくその他の医療従事者や患者やその家族など、誰が見ているかわかりません。

あとあと、ややこしい事にならないようにするためにも、働く場所には注意する必要があります。

副業をするデメリットは?

副業するのはメリットばかりだと思っていませんか?確かにメリットもありますが、実はデメリットもあるのです。デメリットの一つめは、収入の金額によっては、税金を沢山払わなければいけない事です。

働いたら働いた分、収入が増えると思いますよね。ですが、実際にそんな甘い話ではないのです。確定申告や住民税で思っていたより払わないといけない事もあります。

2つめは、きちんと就業規則を見ておかないと大変な事になります。職場によっては副業を禁止しているところがあります。公務員は、確実に副業禁止です。公務員の場合は法律違反です。

副業禁止であるにもかかわらず副業をすると、常勤している職場が突然解雇になってしまう事もあります。ですので、きちんと就業規則を確認してください。

3つめは、体調を壊しやすい事です。常勤の職場が休みの日に副業をするわけですから、精神的にも肉体的にも休む事ができません。そのため、疲労が蓄積し、常勤で働いている職場を休みがちになってしまう事もあります。

副業をする事もいいですが、自分の体が健康に保てる程度にしてください。

副業していて良かった事

副業するにあたっての、注意点を色々お話ししましたが、副業する事は決して悪い事だけではありません。副業する事で、様々な経験を積む事ができます。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

それは、常勤でずっと働いていると知る事ができない、他の職場での方針やルール、処置の方法などを学ぶ事ができます。これは、これから先の自分のスキルを身につけるためにもメリットになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加