看護師の初任給ってどれくらい?気になる明細と相場

看護師のお給料は高くていいね!とよく世間から言われますが本当に良いのでしょうか?看護師の仕事しかしていない人は、他の職業のお給料は知りませんよね。

また、新卒ですっと同じ職場で働いている方も他の職場との比較をする事ができません。実際のところ、初任給は同世代の他の職業と比べて高めのお給料となっているようです。

ですが、看護師の場合初任給は高いですが、昇給があまりないという事が問題となっています。今回は、看護師の初任給についてお話ししていこうと思います。

看護師の初任給はいくらもらえるの?

日本看護協会では、毎年採用予定の新卒看護師の、予定初任給というものを公開しています。それによると、2014年の予定初任給は、高卒+3年課程卒の新卒看護師の場合で、平均基本給与額197,689円、税込みの平均給与総額は262,074円となっています。
大卒の新卒看護師の場合は、平均基本給与額が204,683円、税込みの平均給与総額は270,200円となっています。(※時間外勤務手当は除く)
また、人事院が行っている職種別民間給与実態調査によると、準新卒の看護師で初任給は209069円、準新卒の准看護師で172512円という調査結果が出ています。

人事院の調査の場合、地域別でも数字が出ているのですが、それによると1級地とそうでない地域とでは、約3万円ほど初任給に開きがあるそうです。(1級地:229,679円 非支給地:196,984円)

※準新卒とは資格を取得した次の年の4月までの採用された者をいいます。
※地域区分の1級地と非支給地は、国家公務員の地域手当の支給区分による。
上記2つの調査結果から見てみると、看護師の初任給は基本給でだいたい20万円前後と捉えておけば良いと思います。

引用:http://kangokyujin.org/startingsalary/

いかがでしょうか?この金額が高いと思いましたか?それとも低いと思いましたか?基本給だけをも見ると、安く感じるかもしれませんが総体的に見ると高いですよね。

看護師のお給料は夜勤をすればするほどお給料が高くなっていきます。では、細かな明細についてです。

看護師のお給料の明細ってどうなっているの?

まず、どこの職場も基本給というのが設定されています。この金額も職場によって違いますが、17万から20万円となっています。この基本給が安いとボーナスにも影響していきます。

どの職場も、ボーナスは基本給×◯倍などとしています。そのため、総体的なお給料が高くても基本給が低ければボーナスは低いという事です。

看護師のお給料は、基本給だけではなくその他様々な手当が加算されていきます。

  • 資格手当
  • 役職手当
  • 家族手当
  • 交代勤務手当
  • 通勤手当
  • 準夜勤手当
  • 深夜勤手当
  • 休日出勤手当

この手当ては、すべての方々加算されるわけではありませせん。また、職場によって手当ての有無も違ってきます。例えば、役職手当てでは、主任以上の役職がつかない限り支給されません。

交代勤務手当てや休日出勤手当ですが病院勤務の場合、24時間を365日誰かが働かなければいけません。そのため、勤務時間がバラバラで身体的にも負担がかかるため交代勤務手当や休日出勤手当としての手当が支給される場合があります。

これは、準夜勤手当や深夜勤手当などとは別に支給されます。

お給料から引かれる物ってどんな物があるの?

お給料の明細で貰えるお金は解ったけど、そこから差し引かれるものってどんなものがあるのか皆さん把握されていますか?初めてのお給料を貰った明細の中に引かれているものがあって驚いた方もいらっしゃるかもしれません。

  • 介護保険
  • 健康保険料
  • 雇用保険料
  • 厚生年金
  • 所得税
  • 住民税
  • 財形貯蓄
  • 皆さんが、この中の全てのものを引かれる訳ではありません。人によって引かれるものが違います。介護保険ですが40歳以上の方しか引かれません。

    また、住民税ですが前年度の収入に応じて支払わなければいけないため、新卒で入社している方の多くは働き始めた1年間は支払わなくても良く、2年目から支払わなければいけません。

    そして、財形貯蓄も財形貯蓄をすると手続きをした方のみですので、しなかった方は差し引かれません。将来的なことを考えると財形貯蓄をしておくことをお勧めします。

    自分で貯金しようと思っても、やはりお金があると使いたくなりますよね。また、途中から財形貯蓄を始めようと思ってもなかなか出来ないものです。ですので、入職した時に手続きをすることをお勧めします。

    毎月決められたお給料から差し引かれるもの以外に払わなければいけないものってあるの

    職場によって、支払われるお給料の金額が違えば、差し引かれ金額も違います。また、それ以外に払わなければいけないものもお違います。
    例えば、制服や靴です。募集要項などに貸与と記されている場合は、職場からの貸し出しとなります。

    ですので、お金を支払わなくても良いですが、購入となっている場合は支払わなければいけません。支払わないといけない場合ですが、一括で支払わず、お給料から少しずつ引かれる場合が多いです。

    この他に、血圧計や聴診器、ペンライトや筆記用具などを自分で用意しなければいけない職場もあります。多くの職場は、制服は貸与、靴や聴診器、筆記用具などは自分で用意しなければいけません。

    寮に入る人もお給料かから差し引かれます。差し引かれる金額は、寮費によって異なりますし光熱費なども支払わなければいけません。ですが、寮以外の場所で一人暮らしをするよりかは、負担する金額は少ないです。

    【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

    njb

    辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

    「転職で勤務地を変える」という選択肢は

    その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

     >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

     ↓記事本文にもどる↓ 

    入職する前にきちんと確認しておくことをお勧めします。予想していない出費は辛いですからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加