ブランクのある看護師を応援!復職のための3つのポイント

最近では、ブランクのある看護師の方が多くいらっしゃいます。ブランクの年数は人それぞれで短い人は1年、長い人では10年以上です。

復職をするきっかけは、金銭的な問題や子育てがひと段落ついた、看護師としての仕事をまたしたいと思ったなど、様々な思いがあると思います。復職するに当たっての不安は沢山あると思います。その不安が少しでも解消出来るようにお話ししていこうと思います。

復職したいけど、仕事がこなせるか不安

復職したい気持ちはあるけど、仕事をこなすことができるのか不安になりますよね。少しでも現場を離れている方は同じ気持ちを持っています。

看護師は3年のブランクがあると、一から勉強し直さなければいけないと言われる職業です。ブランク前は第一線でバリバリ働いていた人でも、復職後はわからないことが多いでしょうし、勉強しなければいけないこともたくさんあるでしょう。

体力的にもきついかもしれませんが、新人看護師時代のように「何事も勉強して、できる限り吸収していく」という気持ちが一番重要です。

このような心構えがあれば、現場の感覚をすぐに取り戻して、職場にも馴染んでいくことができると思います。

引用:http://kango-labo.com/blanknurse/blanknursepoint

ですので、不安に思わず前に進んでください。

復職後、家庭と仕事を両立するにはどうすればいいの?

復職後に氣になるのが、仕事と家庭の両立のバランスをうまく保つためにはどうすればいいのか?ということです。これは、人によって様々なので自分自身がどちらに当てはまるのかを確認してください。

まず、周囲の協力を得ることができるのか?という事がポイントとなります。子供の急な病気で看病しなければいけない状況下で夫や両親のサポートを受ける事ができるのであれば、仕事を優先し子供は家族に任せる事ができます。

ですが、家族の協力を得る事ができず、子供の看病をするのが自分しかいない場合は、家庭を優先しなければいけません。仕事と家庭の両方が大切なのは解ります。

ですが、仕事と家庭の両立をするためには割り切る事が必要です。そのため、自分自身はどちらを優先しなければいけないのかを考えた上で行動する事で、家庭と仕事の両立を図る事ができます。

復職する職場は探す時に押さえておきたいポイントは?

復職先を探すポイントとしては、いくつも病院見学をする事をお勧めします。

  • 家から近いし
  • 評判がいいから
  • 託児所があるから
  • お給料がいいから

といった理由だけで復職先を選んではいけません。安易に復職先を選ぶ事で後で大変な事になってしまいます。ですので、色々な職場を見て自分の条件に合っているのかを判断しなければいけません。

そのなかで、押さえておきたいポイントは、教育制度が整っているのか?という事です。教育制度が整っていれば、ブランクがある看護師に対し指導もきちんと行ってくれます。

ですので、安心して仕事をこなす事ができます。ですが、教育制度がきちんとしていなければ、曖昧な知識や技術のままで患者さんに処置やケアをしなければいけません。これは、とても不安ですよね。

復職先の教育制度だけでは不安な場合どうすればいいの?

復職先の教育制度だけでは不安なので何か方法はないの?と思う方もいらっしゃると思います。そのような方は、セミナーや復職支援制度を利用する事をお勧めします。

このセミナーや復職支援制度では、基本的な主義であるバイタル測定やルート、輸液ポンプやシリンジポンプなどの機械の使用方法などの他に、倫理なども教えてくれます。

このように、最近ではブランクのある看護師に対して手厚いサポートが沢山あります。復職する前に、少しでも不安を軽減させたい人はぜひ、セミナーを受講してください。

復職先を選ぶポイント

復職先を選ぶ際に、どのような職場を選べばいいのか悩む方も多いのではないしょうか?昔は急性期病棟でバリバリ働いていても3年以上のブランクが空いてしまえば、新人と同じレベルになってしまいます。

また、復職する際に処置が多いと出来るか不安で仕方がないといった方は処置の少ない療養型の病棟や回復期リハビリテーション病棟などで慣れてから転職する事をお勧めします。

私自身の経験ですが、新卒から8年間一般病棟で勤務していました。妊娠を機に1度退職したのですが子供が3歳になり少し育児に少し落ち着いたので復職することにしました。

復職する際に、処置ができるか不安だったので回復期リハビリテーション病棟に復職することにしました。回復期リハビリテーション病棟では、処置は少なかったのですが、患者さんと関わっていくなかで看護師としての感覚を少しずつ取り戻すことができました。

そして、回復期リハビリテーション病棟で2年間勤務した後に、一般病棟への移動を希望して現在は一般病棟で勤務しています。少しずつ段階を踏み職場を変えたの事で、不安をあまり感じずに仕事をこなす事ができました。

以前のようにバリバリ働いたいと思っているかたも、段階を踏んで復職する事で不安や負担も少なく済みます。また、復職する際に悩むのは、みな同じです。

【PR】まだ登録してない看護師さんは登録しておきましょう!

njb

辛いとき、仕事を辞めたいなと思ったとき

「転職で勤務地を変える」という選択肢は

その気が無くてもアナタを楽にしてくれますよ。

 >> 一番多くの看護師が登録しているナースだけの求人サイトに登録してみる!

 ↓記事本文にもどる↓ 

「私だけ」と思わず、ぜひ前に進んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加